とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

79冊目! 「つよい子を育てるこころのワクチン」 ★★★★★

つよい子を育てるこころのワクチン―メゲない、キレない、ウツにならないABC思考法

著者:マーティン セリグマンリサ ジェイコックス
出版社:ダイヤモンド社
出版日:2003/09 ¥ 1,680

楽観的思考を子どもにどう育てるのか?

マーティンセリグマンの子ども向けワークをまとめたかなり実践的な本です。

 

本の全体像は、8部構成となっています。

1 心のワクチン

2 楽観と悲観

3 あなたはどっち

4 ワクチンの効果

5 ABC思考法

6 悲観的考えを変える方法

7 悲観的考えの撃退法

8 コミュニケーション力

 

楽観的思考の人は、決して前向きの行動やイメージを使っているのではありません。

楽観的思考の人は、問題の原因のとらえ方が悲観的な人と異なるのです。

原因のとらえ方には、3つあります。

1 時間の広がり(一時的なものか?、永続的なものか?)

2 影響の範囲(限定的か?全体的か?)

3 自分化(自分のせい?まわりのせい?)

 

まず、セリグマンはABC思考のすすめを説きます。

A:状況(誰と、いつ、どこで)

B:考えや思い(自分の考えや思いをキャッチする、0~100のスケールで表す)

C:結果(どう感じ、どう行動したのか)

ABCの自分のくせをみつけるため、日常の生活の中でABC日記をつけるのです。

 

さらに、この悲観的思考の撃退法として、ABC思考に

D:反論

E:元気づけ

をつけたします。

 

この反論には悲観的に感じる出来事について

1 本当に悲観的なのか、証拠集めをする。

2 違う考えをみつける。

3 破局的に考えない(最悪は?最善は?可能性は?)

 

つまり、人は出来事が即、感情などの結果に結びつくのではなく、

人それぞれが持っている思考の枠組みによって、うれしがったり、悲しんだり、怒ったりするのです。

そのここに持っている思考の枠組みをビリーフと呼び、このビリーフをチェックするのです。

時間の広がり、影響、だれのせいなどの項目で。

 

そして、自分の持っている悲観的な思考に気づき変えていくのです。

これを子どもたちに教えるわかりやすい漫画や、イラストなどを使って指導をするのです。

 

これは、使えます。

大人の私たちでさえ、このような考えを知っているか、知らないかで、鬱になる、幸せになるか

大きな違いになるのではないでしょうか。


MM 心のワクチン
スポンサーサイト
別窓 | 教育心理 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<80冊目! 「影響力の武器」 ★★★★★ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 78冊目! 「何のために働くのか」 ★★★☆☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。