とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

78冊目! 「何のために働くのか」 ★★★☆☆

何のために働くのか

著者:北尾 吉孝
出版社:致知出版社
出版日:2007/03 ¥ 1,575

何のために働いていますか?

働くことに疑問を感じたり、働くことに少し疲れたとき、

この本を読み解いてみてはどうでしょうか。

 

この本は働くこととはどのような信念を持って働くかについて説かれています。

以前に紹介した稲森先生の「生き方」に通ずるものもあります。

 

大きく5本立てです。

1 人は仕事の中で成長する 

2 古典から学ぶ

3 艱難辛苦をあえていく

4 仕事の達人になるには

5 天命をまっとうする

 

1 人は仕事の中で成長する 

仕事の目的は「人間性を深め、人格を高く、人間性を磨く」ことにあります。

仕事は、一心不乱に続けることです。

好き嫌いをいっている程度では、天職へは届きません。

公のため、天命を知り働くことが、生き甲斐へとつながると言います。




 

2 古典から学ぶ

著者は古典から人生観をしっかりと確立することを言います。

四書五経などの名著を繰り返し読むことで、その真意をつかめるようになるのです。

そこで培った倫理的価値観に3つあります。

「信」約束を守ること

「義」正しいことをすること

「仁」思いやりを持つこと

 

3 艱難辛苦をあえていく

夢を大きく持ち、真剣勝負でぶつかることで、磨かれます。

どこまで真剣に仕事をしているでしょうか?

自分の心持ち一つで、物事の見方が大きく変わります。

また、真剣だからこそ、摩擦や軋轢も受け入れられます。

よい方へ進歩するためにも、恐れてはいけないのです。

 

4 仕事の達人になるには

成功するまでやらねばならない。

最近、このような気迫があるでしょうか。

 

「無理だと思ったら、やらねばならない」

「不可能だと思ったら、挑戦せねばならない」

時代を切り開いてきた人たちは、不可能に挑戦し、克服してきた人たちです。

空を飛んだり、宇宙へ行ったりしかりです。

 

時代を行く人は孤独を受け入れ、挑戦せねばなりません。

自己完結してはいけないのです。

 

5 天命をまっとうする

「人生二度無し」

私の好きな森信三先生の言葉も引用されています。

限りある命です。

今を、瞬間、瞬間を輝きながら全力で生きたいものです。

 

少し、泥臭く説教くさい点もありましたが、素直に受け取れる話が多かったです。

これからの困難へも前向きに取り組めそうな気がします。

 

やはり大企業の偉人の思想は共通していましたね。

公のために働く。

そのためには、まず自分を磨きましょう。

教師たるもの、まさに王道をいくべきでしょう。

志の高い教師は全国にはたくさんいます。

また、やる気を喚起さえすれば情熱をたぎるように燃やす教師もたくさんいます。

同志に火をつけ、そして、生き方モデルとして子どもたちに「徳」を教えられる教師となりたいもので

す。

MM 仕事

スポンサーサイト
別窓 | 自己啓発 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<79冊目! 「つよい子を育てるこころのワクチン」 ★★★★★ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 77冊目! 「アサーショントレーニング」 ★★★★★>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。