とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

研修報告「体育研究授業 シュートボールゲーム」

体育の研究授業「シュートボールゲーム」をし、市教育委員会指導主事の指導を受けました。

子供たちは、一生懸命汗をかき、協力し合ってボール投げゲームに取り組みました。

 

最後のまとめの段階では、勝ちにこだわるあまりケンカや涙の場面もありました。

「ピンチはチャンス」と授業を少し延長し、クラスで話し合いをしました。

自分の思いを告げる子供や、優しさを見せてフォローをする子。

それぞれの立場で仲良くルールを守ろうとする子供たちの発言や態度の数々に

とても感心しました。

 

指導者の先生からは「道徳的実践力」を育成するよい授業だった」との好評を得ました。

低学年ともあって、子供たちは勝敗に真剣です。

真に自分の思いで意見を戦いあわせる場面ですので、迫力があります。

子供たちの葛藤や成長に直に接し、私自身、とても「楽しかった」授業でした。

 

授業の指導を色々受けました。

教師の指導の立ち位置では、常に全体を見回せる立場を徹底的に指導されました。

教師は壁を背負って指導をする」といえるでしょう。

つまり、常に教師は子供たちを視野の中に入れながら、

目の前の子を指導しながら、全体に目を配り、指導していくのです。

わかっているけれども、なかなか難しいものです。

 



また、「授業場面の観察カテゴリー」をも評価してもらいました。

これは、体育の一時間の授業の中で、5つのカテゴリにどれほど時間配分をしたかを調査するものです。

 

1 マネジメント場面(移動や用具の準備、学習効果に直接つながらない活動)→2分間

2 学習指導(教師の説明、演示、指示などの話の場面)→12分間

3 認知学習(子供がグループで作戦を話し合ったり、カードを各場面)→7分間

4 運動学習(子供の運動場面、最低20分)→24

 

マネジメント場面を短くできたことはよかったです。

運動学習を24分、授業の約50%確保できたこともヨシでした。理想は65%です。

認知学習も7分間でまずまずです。

今回の学習指導要領改訂でこの思考判断は結構重点化されます。

学習指導場面では、集団として集合した回数は3回とよいのですが、

最後の話し合いに時間がかかってしまいました。

しかし、これは、子供たちの「勝ち負け」についての話し合いだったため、価値ある12と評価されました。

 

また、教師の言葉がけがどのようなものだったのか、子供へのかかわりすべてチェックされます。

私の授業では以下のようでした。

 

1 一般的な肯定的なフィードバック(うまい、よかったね、いいよ、など)→44

2 具体的な肯定的なフィードバック(腕の上げ方がとてもよくなったよ、など)→1

3 矯正的な一般的なフィードバック(もう少し、うーんどうかな、など)→22

4 矯正的な具体的なフィードバック(まだ腕の振りが足りないよ など)→2

 否定的なフィードバック(だめだ、何考えてんだ、そんな腕の上げ方では無理だ など)→2

6 励まし(がんばれ、いけいけ、しっかり考えよう など)→27

 

合計98回でした。合格ラインは100前後、まずまずでした。

授業が活性化されるには、教師のかかわりが120回超えがラインだといいます。

まさか、こんな場面まで指導してもらえるとは思っていなかったので、具体的指導にうっかりしていました。

これは、反省です。

次回の場面では、具体的な言葉がけができるように指導していきたいと思います。

この具体的指導言を向上させるには、指導する運動機能をよく理解していて、

分解化できなければ効果的に指導できません。

やはり、教師は教材研究ですね。

 

体育の授業をしていると、子供たちは真剣になり、悔しくて高学年でも泣き出す場面がみられます。

休み時間すべてを使って、練習する子がでてきて、クラス全体へ広がっていきます。

ここまで子供たちを高められる授業はとてもよい授業だと思います。

体育教科は、道徳的実践力も授業の中で指導できる良さに改めて気がついたとても学びとなった授業でした。

MM 授業反省
スポンサーサイト
別窓 | 研修報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<研修報告「第8期東京教師塾 4回目に参加して」 | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 73冊目! 「地頭力を鍛える」 ★★★★☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。