とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

254冊目! 「文章力の基本」★★★☆☆



MM 文章



オススメ度:★★★★☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:文一つ一つを意識して、書く!

私は、本来、文を書くことがとても苦手であり、キライでありました。
小学生の時は、常に母親がゴーストライターであり
高校の卒業文集でさえ、姉のものを代用してしまうほど、ダイキライでした。

どうしてあんなに作文がキライだったのでしょうか。
文を書くことの「よさ」、考えを言葉にして伝える「よさ」をまったく分からなかったからだと思います。
だから、子どもたちの「作文」の言葉を聞いたときの拒絶反応はとてもよく共感できます。

しかし、教師となり、文字を書き、文を書くことが仕事となるにつれ
文には「書き方」があることを少しずつわかってきました。

子どもの頃は、「心情」を書くことがとっても苦手でしたが、「論理的な」文を書くことなら
少し練習すれば、誰にでもすぐかけることが分かりました。

苦手意識を克服するためにも、こうしてブログで思いや論理立てて文を書こうと努力して
なんとか、ここまでやってこれました。
不思議ですね。
書く事への抵抗感がなくなりました。
書きたいことがたくさんあって、どんな言葉にすれば表現することができるのかに頭を悩ます日々です。

さて、この本は文ひとつひとつを細かくみた
「文の書き方」がいくとおりもポイントを押さえてまとめられています。
文章構成をしっかりと押さえている人にはもってこいかもしれませんが、私にはそちらもまだまだ。

いくつかためになったことをまとめてみます。

① 短文で、言い切る文にする。
② 主述がしっかりと対応していること。
③ コンセプトと自分の主張を混ぜない。
④ 主題ははやめに書き、キーワードを落とさない。
⑤ 文章を徹底してけずる。
⑥ 読者へ共感を呼ぶため、具体的な事実を列挙。
⑦ 読みやすいレイアウトの工夫

書くことは辛いことである。と東野先生がおっしゃっていました。
そのとおりですね。
でも、書くことで頭を整理して、情報発信していけるようにこれからも練習していこうと思います。


スポンサーサイト

別窓 | 学習方法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<第40回研修報告「11期東京教師塾3回目」 | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 253冊目! 「目立つ力」★★★☆☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。