とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

241冊目!「サービスで小さな奇跡を起こす方法」★★★★☆



MM サービス


オススメ度:★★★★☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:相手の立場を思いやる心を常にもつ!

これからの教師は、子どもや保護者、地域のかたへのサービスという観点で
教育を考える必要があると思います。
顧客のニーズに応じたサービス(教育)をすることで、家庭や地域からの信頼を得、さらに質の高い
教育を提供できるからです。
そういった意味では、この本の「奉仕することの意味」を学ぶにはもってこいの本でだと思います。
著者は、リッツカールトンホテルで働いており、その実際の経験に基づいたサービスについての話ですので
とても魅力的でした。

これは!と思ったこと4つ
①サービスは相手の立場に立って考える
②「名前+あいさつ」でこころを掴む
③事前に情報収集し、サプライズのサービスを
④クレド(信条)、理念をスタッフないで共有

以前、韓国のリッツカールトンに宿泊したことがありました。
しかし残念なことに、そこのホテルはクレドが浸透していませんでした。
それは、「クレドカードよかったら、もらえませんか?」と尋ねたところ、
クレドカードがよく分からず、持ち歩いてもいなかったからです。
理念や信条は、掲げているだけではいけないのですね。
個人、チームで共有して初めて力を発揮するものなのだと思います。
この本で自分のクレドを見直す機会となりました。
スポンサーサイト

別窓 | 教育理念 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<242冊目!「国語のできる子どもを育てる」★★★★☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 240冊目! 「マインドセット」★★★☆☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。