とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

239冊目! 「ハイコンセプト」★★★★★



MM ハイコンセプト



オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★★☆ 読みやすさ:★★★★★
TODOリスト:6つの感性を磨く!

どうして、この本、ずっと本棚にしまって置いたんだろうと後悔してしまった本でした。
こんなに、刺激的な内容、はやく出会いたかった本です。

これからの時代のニーズに応じた人材とはどんな人でしょうか?
それは、ハイコンセプト(想像力や発想力など)とハイタッチ(共感力や目的意識など)の高い人材です。
本書は2つの概念を右脳左脳の脳みそを元に話が展開されます。
特に、右脳の話などは懇切丁寧に、著者の実体験(『脳の右側で描く』の実践など)もふまえての話でとても納得

今までの時代は「第一の波(農耕社会)」→「第二の波(産業社会)」→「第三の波(情報化社会)」といった流れがありました。
この次の社会は一体なんでしょうか。
「第四の波(コンセプチュアル社会)」、つまり、既成概念にとらわれない新しい視点から物事を捉えられる視点をもった社会です。
ここに、右脳の発想力が求められてくるのです。
すでにモノや情報のインフラが整い、豊かになった時代、これから望まれる次のニーズは感動だそうです。

さて、このハイコンセプト、ハイタッチの感性をみがくためにはどうするのか。
以下の6つの項目を意識し、実践することだそうです。
①機能よりデザイン(左脳中心の実用性~右脳中心有意性、感情や美意識に訴えてくるものづくり)
②議論より物語り(記憶にしっかりと焼きつく物語を参考に、相手が納得させる話ができる能力)
③個別より全体調和(ばらばらなものから関連性をみつけ、ひとまとめにつなぐ能力、分析力より総括力)
④共感(人を動かすのは、やっぱり理屈よりも思いやる力)
⑤まじめだけでなく遊び心(笑い、ユーモア、楽しさなどが、健康面や仕事面でも大きな恩恵をもたらす)
⑥モノより生きがい(物質的な豊かさから、より有意義な精神性や生きがいが求められている)

ちなみに、各章末には、感性を磨くための実践方法まで紹介されています。
参考本やHPといった情報も盛りだくさんです。

私自身、この6つの感性、日常の中に於いてとても重要なものとして生活していました。
しかし、それらがこれからの社会にとってどのような恩恵をもたらす価値があるのか、よくわかっておらず
自己満足で終わっていました。
これからは、6つの感性の価値を意識しながら、デザインや物語性、遊び心をくすぐるような
先生になっていきたいです。
スポンサーサイト

別窓 | 自己啓発 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<240冊目! 「マインドセット」★★★☆☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 238冊目! 「江戸の子育て十箇条」★★★★☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。