とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

第40回研修報告「覚心塾で来年の予想コンピタンス100」

同志で進めている「覚心塾」を、明治大学リバティータワーの一室を借りて勉強してきました。
今回は、「来年の予想」をみっちり行いました。

西山さんを主に、世の中で起こること、これからの世の中に必要なことについて
ワークショップ型で話合いをしながら進め、マインドマップを仕上げました。
過程を得る中で、いかに今ある現状から予測して、それに対して準備して臨むかが見えてきます。
私は、来年度は次のように予測しました。
不景気も続く中、いかに景気対策をするのか?
それは、少子高齢化の高齢者層の貯蓄(20兆円といわれていますが)をいかに
市場に流通させるかがビジネスのキモだと考えました。
つまり、高齢者を対象としたサービスが世の中を接見すると思います。
経済面や、教育面でも色々予測をしてみました。
直接、私の職業に関わってくるとは、限りませんが、このような予測し、対策を練るような
「未来を見通した視点」を持つことは大切だと思います。
来年、一体どうなるでしょうか。

次に、小林さんを主に、「コンピタンス100」「理想の児童生徒像」を書き上げました。
自分の強みを理解して、自分の強みを職業に生かす。
コンピタンス(自分の持っている強み)は直接、教育にも活用できるはずです。
簡単にいうと、「良いとこ探し」です。
これにより、自己肯定感も高まり、より、戦略的に教育活動をすることができます。
また、「理想の児童生徒像」を書き出す中で
自分が今まで子どもたちに期待している姿が浮き彫りになってきました。

遠くからきてくれた神谷さん、永島さん、そして、KYJ卒業の先生方、ありがとうございました。
小中高、いろんな校種で学び合えるこの場は、とても学びとなります。

その後の打ち上げでは、久々に会えた先生方と、教育について語り合いました。
楽しかったなぁ。
1月初旬の、フォトリーディング演習にむけて、私も準備を着々と進めたいと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 学習方法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<237冊目! 「パーフェクトペアレント」★★★★☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 236冊目! 「フィンランドに学ぶべきは学力なのか」★★★★★>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。