とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

219冊目! 「愛のストロークセラピー」★★★☆☆



MM 愛乃ストロークセラピー


オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★☆☆☆ 読みやすさ:★★★☆☆
TODOリスト:自分がだしたストロークが相手にどう受け止められたか意識してみよう!


心理療法からのストローク(かかわりあい)ではなく
私たちの生活の中に具体的な場面において、ストロークがどう適用されているのかまとめられていました。
ストロークについて初めて勉強する人には「ストロークの全体像」が見えやすい本だと思います。
すこしかじったことのある人は、生活の中でどう応用されているのか
ストンと納得のいく事例がたくさんあると思います。

私は、「身近の愛している人をストロークしていますか?」に目がとまりました。
意識してストローク出しているつもりだったのですが、まだまだ思いやりに欠けている気がしました。
「ストロークバンク」の話も、スティーブンRコーヴィ「七つの習慣」の信頼残高の話と似通っていて
とてもわかりやすい例でした。

これからも意識して、プラスのストロークを出していけるよう、自分のストロークをメンテナンスする意味でも
テーマに沿った本を読むことをおすすめします。
スポンサーサイト

別窓 | 教育心理 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<220冊目! 「新・陽転思考」★★★★★ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 感謝「アクセス10000件突破!」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。