とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

216冊目! 「魔法の掃除13ヶ月」★★★★★


MM 魔法の掃除13月

オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★★☆ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:給食当番をなくして、子どもたちのみつけ玉を磨いてみよう!

私たち担任は掃除の時間何をしていますか?
子どもたちを看守のように管理したり、見回っていませんか?
分担制、マニュアル化、話合いなどの実践をしてないでしょうか?
これらは全て、子どもたちの「自主性、自律性」を育てていく掃除としては、あまり効果は高くないと
筆者は言います。
かくいう私も、細かく当番を決め、一人一役で責任分担をさせてきた指導方法でした。
しかし・・・。

自問掃除にであって、1ヶ月。
私のクラスの子どもたちの様子は全く違っています。
掃除の時間は、だま~~~って、自分たちなりに掃除の場所を見つけながら掃除に取り組みます。
まだまだ、うっかりとしゃべってしまったりするところもありますが、導入1ヶ月としてはとても
満足のいく成果だと思います。

以前ブログで紹介した自問掃除
がまん玉、しんせつ玉、みつけ玉、感謝玉、正直玉
これらを磨く自分のため、周りの人のための掃除
毎日たった15分程度の取り組みですが、子どもを今取り組んでいる事以上に
大きく成長させることができるはずです。

この本は、自問掃除の1年間の導入の流れをつまずきに応じて
子どもたちの振り替えりノートの言葉など引用され、具体的にまとめています。

掃除の時間、ざわついていたり、終わった後も、ゴミがおちていたり、自分の分担場所だけに目がいくように
ギスギスした清掃を振り返るチャンスです。
このシリーズはオススメです。

しかし、私自身、本にあるとおりに実践できているわけではありません。
クラスの目標「チームワーク」とからめて、助け合いながら、しんせつ玉を磨こうと
子どもたちで目標もってコツコツ努力しています。
掃除活動のみではなく、学級経営、助け合い、自律、自立する子どもたちを育てるための
強力なツールになるかもしれません。

子どもたちの詳しい実態は、学級通信ブログにまとめていますので、そちらもどうぞ。
http://igasen.blog22.fc2.com/
スポンサーサイト

別窓 | 学習方法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<217冊目! 「数学嫌いでも数学的思考が飛躍的に身につく本」★★★★★ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 215冊目! 「匠道」★★★★☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。