とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

201冊目! 「自己主張トレーニング」★★★★☆



MM 自己主張訓練

オススメ度:★★★★☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★☆☆
TODOリスト:勉強会資料にさっそく活用!肉付け!

8月23日(日)に仲間内で勉強会をします。
4時間をもらい、アサーショントレーニング(自己表現訓練)、ブリーフセラピーについてお話させてもらいます。
私自身、アサーショントレーニングに出会ったのが、今から、8年前の相談室勤務の時。
コミュニケーションの言語的側面から切り込む斬新な手法に魅了されました。
さっそく、日本に導入された平木典子先生の講演会を聞きに行ったり、
日精研で本家本元のアサーショントレーニングの研修をまるまる2日受けてきました。
子どもたちとも一緒に、学び、前任校でも学校研究でアサーショントレーニングの単元化をしました。
ここしばらく、アサーションと縁が無かったのですが、「かあちゃん★読書会」などで触れることが多く、
今年の夏は自己表現について勉強してみようと、コレにテーマを絞りました。

それに向けての資料さがしで読んでみました。
やっぱり、アサーションについての原本「your perfect right」を訳しただけあってとても参考になりました。
特に、怒りのアサーションについては、新しい発見や学び直しの部分がたくさんありました。

今は、このアサーショントレーニングについてはとてもわかりやすい本がでているので、そちらのほうをまず先にオススメしますます。
ですが、発展編でこちらも読んでおくと、人権意識や男女差別からくるアサーションのルーツなど理解が深まると思います。

確かに、これを学習することで、葛藤場面において、怒りに巻き込まれにくくなくなりました。
スキルを学習することって、大人にとっても大切ですね。
もちろん、子どもにとってもですね。
2学期に、アサーショントレーニングをクラスでも実践する予定です。
うまくいけるように、今から準備です。
スポンサーサイト

別窓 | 教育心理 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<202冊目! 「ソーシャルスキル教育で子どもが変わる 小学校」★★★★★ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 祝200冊!「100~200冊のベスト10」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。