とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

195冊目! 「脳が教える!1つの習慣」★★★★☆

脳が教える! 1つの習慣脳が教える! 1つの習慣
(2008/07/05)
ロバート・マウラー

商品詳細を見る


MM脳が教える!一つの習慣


オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★★
TODOリスト:伊切な大きな事から始めず、物事を細かく分解してみて、スモールステップで始めよう!

成功する人は「よき習慣」をもっていますよね。
どのビジネス本を読んでも「習慣作り」の大切さは感じることです。
しかし、習慣作りに関して言うと、あまり秀逸な本がなかったかと思います。

そんな意味からもこの本のもつ「たった一つ」というフレーズ
わかりやすくてストンと落ちる感確になります。
ずばり一言でまとめると
「習慣は小さな小さなことから、続けよ!」
これに限ります。

脳は大きな変化をとても嫌うそうです。
人間が恒常性(ホメオスタシス)をもっているからこそ、同じパフォーマンスで生きていけるのでしょう。
しかし、よいとわかっていても「自分にとってハードルの高い習慣」作りをすればするほど
脳は拒絶反応を示します。
どうすればよいのでしょうか?
脳が拒絶しないような、「小さな小さな行動」にすることで、少しずつ慣らしていくのです。

ここを読んではっと気づきました。
私は、朝が苦手でした。いろいろ工夫していましたが、なかなかうまく朝型の生活へシフトできませんでした。しかし、毎朝目覚める時間を1分ずつ早くしていくと、これが意外とうまくいきました。
脳や体の順応性を考えると、やっぱり「小さなスモールステップ」が大切なんですね。

おまけに・・・
「続ける技術」も併せて、よむととても効果的です。
こちらの本は、心理的ハードルを下げたりすることで、習慣作りをしたり
心理的ハードルをあげることで悪習慣を避けるなど、優れたノウハウ本だと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 学習方法 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<< 196冊目! 「勉強しろと言わずに子どもを勉強させる法」★★★☆☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 194冊目! 「教室経営の方略」★★☆☆☆>>

この記事のコメント

なるほど!

こういうところにもスモールステップが大切なんですね。

指導技術だけでなく、

やっぱり小さなことからコツコツと。

ですね。
2009-07-29 Wed 20:18 | URL | etranger21 #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは、etrangerさん。指導もスモールステップ、物事を「分解して」みる視点は、どの分野でも生かせそうですよね。だからコツコツできるのかも。
2009-07-30 Thu 22:36 | URL | とげ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。