とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

194冊目! 「教室経営の方略」★★☆☆☆


教室経営の方略―望ましい教室のしつけ教室経営の方略―望ましい教室のしつけ
(2002/07)
辰野 千寿

商品詳細を見る

MM 教室経営

オススメ度:★★☆☆☆ もう一度読みたい度:★★☆☆☆ 読みやすさ:★★★☆☆

TODOリスト:読まない決断も!

教室経営を教育心理の面から、マネージメント面、リーダーシップ面の2つからアプローチした本でした。

現場の教室を心理学から学問している本、初めて学校現場に立つ人たちには、ルール作りの工夫や

教師の独裁的、民主的な子どもたちへのかかわりかたなど参考になるかもしれません。

今、私が知りたいことと少しかけ離れていたので、興味が持てずに★二つでした。

 

決してこの本に魅力がないのではありません。

私がこの本と出会い、読む選択を間違ってしまったのです。

色々本を読んでいると、たまにこんなことがあります。

読むことが義務となってしまい、読んでみたい本を選ばずにノルマになってしまうのです。

大切なことは、興味のない本は「読まない」決断をすることです。

例え、それが読書途中でもです。

その分の時間を新しい本へ投入した方が、より効果的だと思います。

とても反省と、この本に申し訳ない気持ちになっていまいました。

 

速読自体、本に対してとても失礼なことだとうすうす感じていました。

以前とても好きだった著作者に「畑正憲(ムツゴロウ)」さんがいます。

ムツゴロウさんは「本は、姿勢を正して誠心誠意を示して読むものだ」とのフレーズをわすれられません。

 

実際、じっくりよみたいなぁ、そんな本に出くわすことも多くあります。

私は、寝る前の布団の中や、お風呂で読むことにしています。

トイレには、科学的な短い読み物をおいていますが・・・。

 

この本に出会い、読むことの意味を改めて考えさせられてしまいました。

時と場所と、自分の状態によって、読み方を選ぶことが必要ですね。

スポンサーサイト

別窓 | 学級経営 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<195冊目! 「脳が教える!1つの習慣」★★★★☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 193冊目! 「リーダーの教科書」★★★★☆>>

この記事のコメント

私はまだフォトリーディングをマスターできていませんが、一字一句じっくり読むのもいいですね。
2009-07-29 Wed 08:46 | URL | シュタイナーみき #-[ 内容変更] | top↑
シュタイナーさんは、フォトリーディングをされているんですね。私も身についているとはわかりませんが、どうにかこうにか読めている感じです。でも、じっくり読む本もいいものですね。
2009-07-29 Wed 18:27 | URL | とげ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。