とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

177冊目! 「解決志向ブリーフセラピー」★★★★★

森・黒沢のワークショップで学ぶ解決志向ブリーフセラピー

著者:森 俊夫黒沢 幸子
出版社:ほんの森出版
出版日:2002/05 ¥ 1,890

MM 解決志向ブリーフセラピー
オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★★★ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:面接相談、問題などにたいして活用する!

この「解決志向ブリーフセラピー」は、教育現場において、本当に使え、即効力のある理論、哲学、技法です。
私は、カウンセリング中級研修を今から5年前に受けたときに知った技法です。
まさに目からウロコでした。

ブリーフセラピーとはべつに、パンツのブリーフとは関係ありません。
3つの基本ルールがあります。
①うまくいっていることは変えない!
②うまくいったことは、もう一度やろう!
③うまくいかなきゃちがおうことをやろう!
これです。
さらに前提として4つあります。
①変化は絶えず起こっており必然である。(あまりコテコテ手を入れなくとも、自然と良くなるし、改善が起きているってこと)
②小さな変化は大きな変化へ
③問題志向ではなく、解決志向へ(過去のもうどうしようもない原因追及よりも、解決策など未来へ目を向けること)
④リソースを使え(クライエントがもっている長所やうまくいっていることやその他の情報などの資源をフル活用しよう)
基本は、この③ルールと4前提を踏まえての相談活動です。

私がこの解決志向ブリーフセラピーがとても好きなわけは、資源を大切にすることです。
ここで言う資源は、すでにもううまくいっていることやものごとです。
つまり、失敗に目を向けるのではなく、うまくいっていることに目を向けて、すこしずつそのうまくいっていることの割合を広げていき、不適応の領域を減らしていく考えです。
また、アドラー心理学に似ているところもあり、原因を追求する姿勢がないことです。
未来像、にむかって、何ができるか目標設定するところはコーチングに似ています。


教師3年目に担任した子に多動傾向の強いなやんちゃな男の子がいました。
その子がイライラし、友だちとけんかをしたときのこと。
セラピーの基本質問の「スケーリングクエスチョン(今のイライラは何点かな?)」をしてみると
10のうちの3だと言いました。
すかさず「3を4にするには?」ときくと「、校庭を走れば落ち着くと思う、走ってくる!」と真っ先に外へ飛び出しました。
帰ってきて、「どうだった?」ときくと「7になった」と笑顔でいいました。
その後、気持ちも落ち着いてまたクラスに溶け込んでいきました。

また、子どもたちのトラブルを一緒に話を聴く際に、よく解決像を意識した質問をします。
「どうなっていたいの?」「どうなると一番幸せなの?」
これって誰も傷つけることなく話がすすむので、みんな素直になれます。
でも、ケンカや問題の始めは一人一人じっくりと話は聴きますが、原因追及はしていません。
そんなことしなくても、子どもって自然と自分から原因を感じて、未来の解決像に改善方法まで話してくれます。

援助職に就く人なら、この本、必見です。
このブリーフセラピーは個人対応だけでなく、集団対応にも応用できるよさをもっています。
ぜひ、教師として知っておきたいカウンセリング理論です。
スポンサーサイト

別窓 | 教育理念 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<178冊目! 「グループの力を生かす」★★★★☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 176冊目! 「心のなかの幸福のバケツ」★★★★☆>>

この記事のコメント

子供たちの喧嘩で、先生も保護者もこわい顔で原因追及してしまいますよね。

いいことを教えていただきました、さっそく実践してみます。
2009-06-02 Tue 11:14 | URL | シュタイナーみき #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます。
解決志向はとってもいいので、ぜひ、オススメです。
シュタイナーさんは教職の人なのかな?
2009-06-02 Tue 21:27 | URL | とげとげ★先生 #-[ 内容変更] | top↑
教職ではなく、図書館司書兼保護者です^^

2009-06-03 Wed 08:54 | URL | シュタイナーみき #-[ 内容変更] | top↑
なんかオススメの本、高学年の子どもたちが読めそうな本があったら教えてくださいね。
2009-06-05 Fri 05:13 | URL | とげとげ★先生 #-[ 内容変更] | top↑
 ご存知だとは思いますが、トルストイの絵本「人にはどれだけの土地がいるか」 「火は早めに消さないと」などお勧めです。

大人でも考えさせられてしまいます。
2009-06-05 Fri 09:26 | URL | シュタイナーみき #-[ 内容変更] | top↑
ありがとうございます!
「人にはどれだけの土地がいるか」 「火は早めに消さないと」 早速購入します。
シュタイナー教育、子どものセンスに沿っていて、私は結構すきですねぇ。
2009-06-06 Sat 07:40 | URL | とげとげ★先生 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。