とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

18冊目! 「伝える力」 ★★★☆☆

著 者:池上 彰
出版社:PHP研究所

ランク:B

オススメ度:★★★☆☆  もう一度読みたい度:★★☆☆☆  読みやすさ:★★★★☆

 

さすが元アナウンサーだけあってとても分かりやすい内容でまとまっています。

 

まずは、伝える内容を良く理解していること。

何が重要なのかがわかっていることが重要です。

 

話の導入では、10秒のつかみが大切です。

この10秒でかなりのことが伝えられます。

これからは最初の「つかみ」を意識したプレゼンをしていきたいです。

 

伝える文章力についても書かれています。

そして、分かりやすく伝える技術として

「カタカナ語を使わない」「~的、~性、にごまかされるな」「四字熟語の使用」など

難しいことを分かりやすく伝える技術がまとまっています。

 

また、使わない表現として

「そして、それから」「順接の『が』」「いずれにしても」「顔文字」などは使用しないようにします。

 

教師として、伝える力はとても重要です。

「難しいことをやさしく」

授業で子どもたちへ、また、保護者の方々へ。

そして、研修での一場面でなど、様々です。

このような本に刺激され、少しずつ「伝える力」を身に付けていきたいものです。

MM 伝える力

スポンサーサイト

別窓 | 授業技術 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<19冊目! 「生き方」 ★★★★☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 17冊目! 「フィンランドの教育を受けてみた」 ★★☆☆☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。