とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

159冊目! 「売れる営業に変わる本」 ★★★★☆

世界No.2営業ウーマンの「売れる営業」に変わる本

著者:和田 裕美
出版社:ダイヤモンド社
出版日:2003/09/21 ¥ 1,365

MM 売れる営業

オススメ度:★★★★☆ もう一度読みたい度:★★★★☆ 読みやすさ:★★★★☆

TODOリスト:人を変えようとする前に、まず自分を変えよ!

 

「いい買い物をしたなぁ」といえるときは、どんなときでしょうか?

もちろん、いいものを手に入れたときもそう思うかもしれませんが、あまりたいしたものでもないのに

なんだか、とてもいい買いものだったなぁ。と幸せ感たっぷりに思えてしまうとき。

それは、きっと「買いたい気持ちにさせる人」から購入したものだと思います。

そして、「あの人の所なら、もう一度買いに行こう」といった気持ちにさせる経験は、

また誰もがあると思います。

 

そんな「買う気にさせる営業マン」の秘訣が満載です。

著者の和田さんは私自身とても好きな方です。

とくに、あの話し方がものすごい魅力があり、またふっと癒されてしまうものがあります。

穏やかなんですよね。

この本では、和田さんご自身のことがたくさん書かれています。

「世界ナンバー2のセールスウーマンが手ほどきする売れる営業の条件」とは、やっぱり「人間力」にありました。

おおっ!また人間力がきた!

ここ最近、特に技術書を読むにつれ、その人間性を高めなければ結果を出すことができないことを

とくにとりざたされています。

昨日あった政治家献金の事件も同じですね。

 

私自身とくにこの著書の中で心を動かされたところは

「お客に好かれること」でした。

好かれるためには、「思いやりを持って話を聞き、相手の欲求を明らかにしその背中を押すこと」です。

 

子どもとの関係においてもまったくその通りです。

子どもと教師の信頼関係がなければ、教育活動は成り立ちません。

また、「子どもに好かれるため」には、まず教師のほうから心を開き受容し、認めていかなければなりません。

けっして、教師の持っている変に偏ったメガネでしか、みれなくなると営業と同じように、子どもとの関係も

がたがたとなるはずです。

やはり、ビジネス書においても、人と人との関わりの中には「教育の気づき」は隠れているのですね。

 

最後に、ものを買うことはその人の人柄を買っているような気がしました。

教育をすることは、この教師の人柄で教えているのかもしれませんね。

スポンサーサイト

別窓 | 教職教養 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<先生の道具箱その1 「iMindMapとMindManager」 | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 158冊目! 「捨てる技術」 ★★★★☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。