とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

157冊目! 「学習形態の活用技術」 ★★★☆☆

著者:高橋 正和
出版社:明治図書出版
出版日:1991/09 ¥ 612

MM 学習形態

オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★☆☆☆☆ 読みやすさ:★★★★☆

TODOリスト:グループ学習で、役割をもっと明確に振ろう!

 

TOSSの実践を元に書かれている教育実践の本です。

即効性のあるTOSSの実践は、初任者や指導ノウハウが見えていないときには欠かせないもの。

教師三年目までにぜひ知っておいてほしい技術が詰まっています。

 

私が思うに、一般的に学習指導の形態は、教科によって多少異なりますが、基本は同じだと思います。

一斉指導から、グループ活動、または、個別指導など、これらの学習形態をうまく組み合わせながら

学習目標の達成を狙っていきます。

 

グループ学習の際、役割を明確に振りすぎると、子どもにとって弊害もあると思います。

教師の道筋に沿ってばかり、思考活動をしていて

ラテラル(水平思考)にロジカル(論理的)に考えられない子になって行かないか心配もあります。

 

子ども達の習熟と学習形態の定着にもよりますが、一番はじめには、目標、大枠の学習方法を示し

あとは、子ども達に任せるのが、「子どもにとって」良い学びとなると実践から感じます。

準備しすぎ、レールを敷き過ぎも、子どもにとっては良くないのですね。

難しいものです。

スポンサーサイト

別窓 | 授業技術 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<158冊目! 「捨てる技術」 ★★★★☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 156冊目! 「大前流心理経済学」 ★★★☆☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。