とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

141冊目! 「ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書」 ★★★☆☆

 

ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~

著者:7人の特別講義プロジェクト
出版社:講談社
出版日:2007/06/21 ¥ 819

オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★☆☆

TODOリスト:なぜ学ぶかの意味づけ教育、復習ノート作りに挑戦!

 

 

この本の講師陣を見たとき、とても贅沢なメンバーだなぁと思いました。

算数脳の本、99.9%は仮説、心のブレーキの外し方、よのなか科、それぞれの著作はどれもおもしろいものばかり。

その有名な先生方の話のエッセンスがみっちりと入っている本です。

 

とくに個人的に好きな方は、民間校長先生だった藤原和博さんです。

この方の「よのなか科」の取り組みは総合学習でぜひ取り入れていきたいと以前より考えていました。

情報の収集能力よりも、その編纂する能力を使い、自分の納得できる「納得解」を導き出す。

藤原さんのいう「クレジット(人からの信頼や経験値)を高めるために勉強をする」という、なぜ学ぶかの答えはとても納得のいくものでした。

色々なことを学ぶことで、色々な道への可能性が開けます。

幼い頃から専門分野に特化する教育もありますが、このような一般教養を身に付けてからでも、決して遅くはないと思いました。

 

個人的には、これほどの講師陣を新書一冊にまとめることで、各先生方の概要紹介でしか無くなってしまうのがとても残念に思いました。(ここが★三つ)

しかし、高校1年生がこの本と出会い、「なぜ学ぶ必要があるのか?」の問いに少しでも近づけて、受験に対する心構えができ、盛りだくさんの学び方読み取ってと思います。

 

最後に、現場における「なぜ学ぶのか?」この意味について、先生方は日常語っているのでしょうか。

なぜ、クラスみんなで取り組んだり、なぜ、このような算数の問題に挑戦するのか?

子ども達に教育の「意味づけ」を語っているのでしょうか。

ソーシャルスキルトレーニングの指導は、必ず、なぜこのようなエクササイズをするかを伝え、見本のやり方を見せてから取り組ませます。

優れた講演会に行くと、必ず話しの要点やこれから話すことの意味づけを先に話してくれます。

そのため、大変分かりやすくなり、講演内容もスムーズに理解できます。

毎日の小さな取り組みの中で、なぜやるのかをしっかりと、子ども達に納得させてから取り組ませることは

子ども達にとっても主体的に取り組める場になると思います。

授業の流し方によって、発見的に学ばせる場合もあり、これ次第ではありませんが・・・(個人的に感動がある分こちらもスキ)。

 

大人になろうとし迷っている中高生には、学ぶことの価値を語ってあがられる教師でありたいものです。

最後に、私が語る学ぶ意味(教育理念)は、「人を幸せにするために学ぶ」ことがこだわりです。

 

MM 16歳の教科書

スポンサーサイト

別窓 | 教科指導 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<142冊目! 「ザ・プロフェッショナル」 ★★★★☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 第24回研修報告「初めての書道」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。