とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

第24回研修報告「初めての書道」



目の前の小学生と目があった。
「どうだ!おれのほうがうまいだろう」
「新参者め、生意気な!」
お互いにライバル意識をもっている。
彼が書いているのは、小学2年生の配当文字「三」
私が書いているのは、小学1年生の配当文字「うめ」
ここは、二人肩を並べて、習字をしている風景である。
目の前の小学生はすでに、漢字に挑戦しているのである。
私は悔しい思いをばねに、黙々と「うめ」のひらがな二文字を繰り返して書き綴るのだった・・・。

とまぁ、こんな様子で教え子の2年生と同い年である子ども達がたくさんいる、書道教室に通い始めました。
普段なら、先生と児童、立場や役割が違うけれども、今回は同じ書道教室の生徒。
しかも、小学生の彼の方が先輩である。
多少悔しい思いもするが、書道を習うにはこればかりはしかたがない、と腹を決め素直に練習に励んだ。
「先生、書道の基礎からしっかりと教えてください」
「それでは、では1年生のひらがなからですね」
「おおっ!1年生から・・・」
嬉しいような悲しいようなである。

元来、私は字を書くことが大嫌いであった。
それに加え、姉は字を書くことについてはとても天才的な上手さを持っていた。
するとどうなることか、「おまえは字が下手だ」的なレッテルを貼られ子ども時代を過ごすこととなった。
しかも、私は机に落ち着いて座って学習することが大の苦手な少年であった。
だから、人の言うことを聞いたり、人の書いたものをそのままそっくり写すといったことは
大の苦手であり、写したりまねたり、素直といったものはすべて大敵であった。

こんなエピソードを思い出した。
字が大下手だったとげとげ少年は、3年生の時、やはり習字が大嫌いであった。
嫌いなため、習字道具の管理も雑でいい加減となり、筆はばさばさ、いつも道具は墨で汚れていた。
しかし、となりに座っていた女の子は違った。
これがまた、とくに字が上手でとげとげ少年から見ても字がうまいというのが分かるほどだ。
そこで、とげとげ少年はその女の子にお願いをした。
「練習用で失敗したのでいいから、1枚だけちょうだい」
女の子は字がきれいで優しい子だったので、喜んでよくできた失敗作を差し出してくれた。
とげとげ少年はそれにがさつに名前を書いて作品に仕上げ、担任の先生に提出した。
すかさず、平手打ちを両ほほにもらったことは今でも忘れられない。

こんな経験が重なれば字を書くことはとても嫌いになるはずである。
しかし今、こんな私が教師として教壇に立ち、板書をしているのである。
こんな字では申し訳ない。
通知表の文字も常に、恥ずかしい気持ちでいっぱいだった。
そんな自分の苦手意識を克服しようと、今年の抱負「習字を習いに行く!」をブログでコミットメントさせてもらった。
その追い風もあり、今日ここに始めてあたらしい世界へ飛び込む勇気がわいてきたのである。

字がきれいに書けることは、教師としての市場価値も高まるはず。
人にものを教える立場の人は、人からものを教わる立場になって初めて気づき学ぶこともあるだろう。
そんな願いをもち、今日から書道教室のドアを叩いた。

この1年間で、小学校の書道を卒業することを目標にがんばる!
お恥ずかしながら、感動の初作品をのさせてもらいました。
このスタートのわくわくを大事にがんばります!

うめ
スポンサーサイト

別窓 | 研修報告 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<141冊目! 「ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書」 ★★★☆☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 140冊目! 「ザ・ゴール」 ★★★★☆ >>

この記事のコメント

「うめ」 拍手、拍手!!!です。
新たな挑戦、応援してます。
私も「先生って泳げる~?」と子どもに尋ねられ
「教え子が溺れても助けてあげられない。(当時遠足がサマーランドだった)」・・・おもいきって二十歳すぎてスイミング初心者コース通いました。初めて行ったら、同級生の男の子がなんとコーチ!恥ずかしかった~。そんなかいあって今では泳ぐの大好きなんですよ!
2009-02-03 Tue 13:38 | URL | だんごむし #-[ 内容変更] | top↑
応援ありがとうございます!何事も、学ぶに遅すぎるはないのですね。
2009-02-03 Tue 21:12 | URL | とげとげ★先生 #-[ 内容変更] | top↑
1年後、どのくらいきれいな字になってるかすごく楽しみにしています。
「言うは易く、行うは難し」と言われますが、児童の目もあります。「有言実行」あるのみですね。
また、「字は、その人を表す」とか・・・
いい味を出すためにも、まずは、基本から。
日々精進ですよね。
2009-02-06 Fri 20:42 | URL | ぐれこちゃん #-[ 内容変更] | top↑
おおっ。
厳しいお言葉ありがとうございます。
2009-02-07 Sat 11:36 | URL | とげとげ★先生 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。