とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

139冊目! 「よし、かかってこい! 」 ★★★★☆

よし、かかってこい!

著者:大野 勝彦
出版社:サンマーク
出版日:2007/07/10 ¥ 1,680

オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★★

TODOリスト:子ども達に読み聞かせてあげよう!

 

私たちは40代半ばになって、服のボタンをとめるとき、「バンザーイ!」と大喜びできますか?

このエッセイはトラクターで両腕を失ってしまった方の話しです。

泣きました。

本当に泣いてしまいました。

母親への思いを綴った文には不覚にもじーんと目頭が熱くなりました。

 

このエッセイの力強いところは、両腕を失った逆境にも負けずに、画家になり夢を追って美術館を建てた軌跡にあります。

夢にたどり着くまでに、たくさんの気づきがあったこと。

子ども達の支え、感謝、苦しみから喜びを見つけていく、そこに著者の心の強さが垣間見れました。

 

「心の定め方によって、見えるものと見えないものがある」といいます。

あって当たり前の健康や身近な家族、友人。

試練を受けることで、その見方と価値観が変わり、両腕を無くしたからこそ見えてくるものがあったと教えてくれます。

 

人は刺激に対して反応を選ぶことができるといいます。

ビクトールフランクルもナチスの収容所の中で希望を捨てずに、生きることを教えてくれました。

人間の持つ「意志の力」に感動させられます。

 

ちょっと、つらいことやいやなことが続いたとき、ぜひ、この本を読んで勇気、元気をもらってください。

エッセイですから読みやすく、とてもすがすがしい気持ちになります。

オススメです。

 

MM よし!かかってこい

スポンサーサイト

別窓 | 感動感動 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<140冊目! 「ザ・ゴール」 ★★★★☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 138冊目! 「人脈作りの科学」 ★★★☆☆>>

この記事のコメント

大野勝彦さんの事については、以前テレビで拝見したことがあり、私もとても印象に残っています。ご自身で文章を書かれた本を出されていらっしゃたというのは初耳でした。とげ先生のおすすめマークも5個なので読もうと思います。
ちなみに、テレビでみた大野勝彦さんの両腕切断されたとは思えない素敵なe-5文字e-6の作品も心打たれるものがあり、名前をメモしてありました。作品集とかあるのでしょうかね?
2009-01-31 Sat 23:32 | URL | まいママ #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます。
私の知るところでは二冊本を出しているようです。
どれも、心にしみいる詩集が載っています。
以前TVでやっていたとは知らずでした。
この方のエッセイ、俄然元気がわいてきますよ。
ぜひ、一読ください。
2009-01-31 Sat 23:52 | URL | とげとげ★先生 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。