とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

120冊目! 「掃除道」 ★★★★★

掃除道 会社が変わる・学校が変わる・社会が変わる

著者:鍵山 秀三郎
出版社:PHP研究所
出版日:2005/08/06 ¥ 1,365

オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆

TODOリスト:掃除の価値をわきまえながら、トイレ掃除をしよう。

 

「凡事徹底」http://togetogeteacher.blog70.fc2.com/blog-entry-67.htmlに続き

鍵山秀三郎さんの本を紹介します。

 

この本ではどのように掃除をするのか?

掃除の方法に事細かに追求して書かれています。

「掃除の心構え」に始まり、「日本を美しくする会」の発足、学校現場での清掃活動の実践など

たかが掃除と思っていたことが、いかにすばらしい教育としての掃除へと昇華できるかに驚きを隠せません。

 

掃除の基本には3つあります。

MM 掃除道


1 掃除道具をきちんとそろえる

2 掃除道具を置き場所を決める

3 工夫しながら掃除をする

当たり前と言えば当たり前のことですが、この徹底ぶりには感動します。

毎日、同じ限られた時間での掃除なら、掃除する場を広くできるように改善し

掃除する場所が決まっているのなら、いかに短時間で効率的に掃除できるかを追求します。

まるで掃除を通して、仕事の本質が見えてくるようです。



学校現場での取り組みも学ぶものがたくさんありました。

自問掃除(自分で何をするべきかを考えて掃除活動をする)、一人一便器掃除、

そして以前新聞にも載っていたのですが、高校野球の強豪校も同じようにトイレ掃除に力を入れていました。



ではなぜ、トイレ掃除に力をいれるのでしょうか。

それは誰もがいやがるトイレ掃除を徹底することで

「謙虚さ」「気づく人になる」「感動」「感謝」をもてるようになるからです。

周りの人を感動させるのは、誰もがいやがる仕事を一生懸命成し遂げる姿にあると言います。



掃除をする価値の深さに驚かされる本でした。

このような掃除への意味づけを、子どもたちへしっかりと説くことで

やらされている掃除から、自ら取り組む掃除へ変わるのではないでしょうか。



最後に心に残った引用句を紹介します。

「掃除の場所と広さは、その人の人格に比例する」
スポンサーサイト
別窓 | 教育理念 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<研修報告第4回読書会を終えて | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 119冊目! 「エスプリ(アサーショントレーニング)」 ★★★★☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。