とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

115冊目! 「スピード読書術」 ★★★☆☆

速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術

著者:宇都出 雅巳
出版社:東洋経済新報社
出版日:2008/06/20 ¥ 1,545


オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:通勤途中で読書自己講義を行う

久々のアップとなってしまいました。
世の先生方はどんな新学期をお過ごしでしょうか?
合間を縫っての読書はなかなかペースがつかめず、今日に至ってしまいました。
ここに、心を入れ替え、リスタートということで読書法の本を選んでみました。

はやり本の読み方は共通していることがいくつかあります。
私自身これは、大切で活用していることと、
大切だと思ったけれどまだ活用まで至っていない点をまとめてみます。
MM スピード読書
読書にて大切なこと
・全部を読まない(サラッと繰り返して読む方が効率が良く、内容がよくわかる)
・全体から部分へ(目次、見出し、前書き、後書きをヒントとする)
・好奇心(読みたい気持ち)を利用して、集中して読書する
・キーワードさがしをする。
・本に書き込む。
(図書館の本などは無理ですが、自分の本は斉藤式3色ボールペンでどんどん書き込んでいます。
図書館の本は返却してしまうと手元に無くなってしまいますが、マインドマップを作ればいつでも本の内容が思い出せます。マップ化することで省スペースになりますね。)

まだまだ活用できていないこと
・わからないときこそ、「速く」読む(ついつい不安を感じてしまい、スピードをゆるめ、じっくり読んでしまいがちです)

?とおもったこと。
著者の考えに沿って読むとスムーズに読め、読書スピードがアップする。
また、自分の考えと著者の考えを照らし合わせることで、本の理解と気づきに深みは増します。
しかし、それでは時間がかかってしまう。
どちらをとればよいのでしょうか?
私は、著者と対話しながら、自分の考えを踏まえて読むことは理想ですが、
著者の考えに沿って素直に読むスピードをとろうかとおもいます。
自分の意見と照らし合わせることは、読書後、ブログでの情報発信にて内容の確認も含めできることだからです。
そういった意味では、ブログって効果的に活用するとものすごい力を発揮しますね。

最後に、とても興味の持ったことがありましたので紹介します。
読書後に「自己講義」を行うことです。
自分の言葉で話してみることで、どれほど本の内容が理解できたのか?
また、わからない点はどこなのかが理解できるからです。

自転車通勤をしながら、授業の流れや全校児童の指導内容を口にすることは以前からも実はやっていました。
脳科学の茂木先生曰く「鶴の恩返し学習法」で、口にしながら耳にしながら学習する方が成果が上がるそうです。
口にするって大切ですね。
さて、早速挑戦してみます。
周りに人がいるときは小さな声で・・・。
でも自転車は疲れると意識が飛んでしまうので忍耐が必要です。
スポンサーサイト
別窓 | 一般教養 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<116冊目! 「お金と正義(上)」117冊目! 「お金と正義(下)」 ★★★☆☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 114冊目! 「自分さがしの瞑想」 ★★★☆☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。