とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

111冊目! 「脳の右側で描け」 ★★★★☆

脳の右側で描け

著者:ベティ エドワーズ
出版社:エルテ出版
出版日:2002/02 ¥ 2,310

オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★★☆ 読みやすさ:★★★☆☆

TODOリスト:右脳を使った絵画方法の実践

絵を描くとき人は自分が今まで持っていた特徴化されたイメージで描いてしまいなかなか上手に描けません。

どうすればよいのでしょうか?

言語的・シンボル的理解を示す「左脳の働き(Lモード)」を抑え、

空間的・全体的情報処理をする「右脳の働き(Rモード)」へシフトすると良いと言います。

 

デッサンするとき、左脳のLモードにより自分が今まで身につけてしまった

特徴的なイメージ「シンボル」が優先してしまい、観たものそのまま描けなくなっているのです。

ですから、右脳を意識した描画方法を用いると驚くほど、空間的、描写的に描けると言います。

 

Rモードにシフトチェンジした描画方法には5つあります。

    端部を意識して、全体を仕上げていく。

    スペースを知覚するために、対象物のフォルムそのものを描く(イスならばその後ろに見える形を)

    目測を使って相互関係をしっかりと把握した遠近法の活用。

    明暗をしっかりと見分けて、光のトーンを表す方法。

    全体性を生かす。


MM 右の脳で描け
  


MM wife faice

MM wife faice2

 


練習では、絵を「逆さ」にし、デッサンします。

光の具合やものの形がイメージしにくく、Lモードの働きを抑えられるからです。

明暗を出すために、スケッチブックを真っ黒にし、消しゴムで描く方法もありました。

このような手法で描くと既存のシンボルかされたイメージとは別に、

初めてみる形として認識し勝手なシンボル化を防げるようです。



恥ずかしながら、Rモードを意識して、自分も挑戦してみました。

妻の顔です。

5分程でこの程度のデッサンが描けたことに自分でも十分満足してしまいました。

(彼女は不満顔でしたが・・・)

特に、一つ一つの線画は既存の形を意識せず、見えたものそのまま描こうと意識してみました。

形よりもその背景のネガの線を意識してみました。

目の大きさを元に全体を比率で描こうと意識しました。

もっと、明暗に気をつけて、クロスステッチを使うと良いと思います。



この右脳を生かした絵画法は十分授業の中で使えるはずです。

ぐるぐる太陽だったり、一本線の地平線だったり子供たちはシンボルで絵を描こうとします。

発達段階に応じて、少しこのようなスパイスを生かすと

本来持っている描画力を引き出せるのではないでしょうか。

大人でも十分楽しめます。

絵が苦手だとおもっている人こそこの本はお薦めします。

ワークブックも別冊で出ているので、活用すると良いでしょう。
スポンサーサイト
別窓 | 教科指導 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<112冊目! 「3週間続ければ一生が変わる」 ★★★★☆ | とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | 110冊目! 「授業術」 ★★★★☆>>

この記事のコメント

お久しぶりです。

とっても素敵なデッサンですね。
ザワザワしていた心がとっても癒されましたよ!
とても5分程度で描いたデッサンには見えません。
何だか愛に溢れた感じが致します。
奥さまの優しさが滲みでているように思います。

息子の夜泣きが起きて、心が乱されていました。
絵のおかげで、とげとげしていた心が落ち着きました。
ありがとうございます。

一度ぐっすりと寝付いたかと安心していると、
0時前後に急にぐずり出し、泣くのです。
(昨日はアイスが食べたいと言いながら泣いていました)

息子の場合、全力で大声をあげて泣きます。
ひどいときはカンガルーのように
ジャンプをしながら泣いています。
これでうまく収まればいいのですが、
そのうち泣くだけではなく、
興奮状態のまま上手に二階の階段を下り、
(ママは来ないで!と命令をしながら)
家中を走りまわるんです・・・。・

今夜もやっぱり泣かれてしまいました。
そして家中を走っていました。

最近は私と一緒に寝たくないらしく、
夜が来たかと思えば同居している
義理の祖父母と一緒に寝るんだと言われます。

今日も怒り走りしたあとは、
祖父母と一緒に1階で寝てしまいました。

息子に嫌われちゃったかな・・・。
2008-08-25 Mon 00:30 | URL | ちくぜん #-[ 内容変更] | top↑
ちくぜんさん。こんばんは。
うれしいコメントありがとうございます。
ちくぜんさんのは元気出ますよー!

苦労されているようですね。
心中察します。
身近な存在ほど、身に詰まる思いだと思います。

祖父母と一緒に寝るのはちくぜんさんが母親としての
安心基地となっているからだと思いませんか。
安心して、お子さんが冒険を始められるようになったのではないでしょうか。
母業がんばってくださいね。

たまには、絵を描くのも楽しいですよ。


2008-08-25 Mon 20:59 | URL | とげとげ★先生 #-[ 内容変更] | top↑
愛情って言うのは
絵でも感じ取れるものなんですね。
見ていてなんだか胸が熱くなりました。

それにしても先生って多才ですね。
脱帽です。
ちくぜんは、絵もかなり下手です。
息子にアンパンマンやら羞恥心を描いてと
頼まれますが、頑張っても顔しか描けません・・・。
(どんどんバランスが崩れていきます)
練習を積まないといけませんねー。

祖父母と寝ていれば、夜泣きは起きないみたいです。
息子もきっと親離れしようと
努力してくれているのかもしれませんね。
寄り添って来たとき、
優しく迎えられるように努力しなくては・・・。
前進あるのみですね。
2008-08-26 Tue 21:57 | URL | ちくぜん #-[ 内容変更] | top↑
なんだかうれしいこといつもつたえていただき、
とても感謝です。
ちくぜんさん。
きっと優しいお母さんなのでしょうね。
いつでも息子さん、むかえてあげてください。
うれしいお知らせ、待っています。
2008-08-29 Fri 22:49 | URL | とげとげ★先生 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。