とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

256冊目!「最高のクラスのつくりかた」★★★★★



MM 最高のクラスのつくり方

オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★★★ 読みやすさ:★★★★★

TODOリスト:子どもに読み聞かせて、理想の学級モデルを示そう!!

 

前代未聞!子どもたちが書いた学級づくりの本。

この本は、子どもが読んで

「『理想のクラス』ってなんだろう?」

「こんなクラスにしたいな!」と子どもたちへ夢や希望を持たせてくれる本です。

そして、教師にとっても、「子どもへの新しい見方」へ大きく転換となる1冊。

なによりも、子どもと一緒に読める、「読み聞かせ」に向いているんです!

 

この本からたくさんのインスピレーションをもらいました。

① 新しい教師観を示してくれる!

② どんな先生にもきっとできる、子どもたちが主役のクラス!

③ この本を使ってこんな実践をしてみたい!

 

① 新しい教師観を示してくれる!

この本を読んで、

「これから必要な教師は、『自分が、自分が』といって子どもの全てをコントロールしようとするリーダーではなくて、そこに参加している子どもたちが、本来もっている力を存分に発揮できる場づくりをするのがリーダーなんだ」と思いました。

これからは、コントロール型リーダー(指導者)から、ファシリテーター型リーダー(場の促進者)へと教師は少しずつ変わっていかなくてはならないと感じています。

 

そして、その道しるべとなるのが、この実際に存在した「最高のクラスのつくり方」を書いた子どもたちといわせんクラスです。

このクラスでは、子どもたちを信頼し、子どもたちにまかせてみることで

「子どもたちが主役の学級づくり(民主的な学級経営)」を運営していく。

そんな素敵なクラスの雰囲気を絵本を通して味わえました。

 

 

② どんな先生にもきっとできる、子どもたちが主役のクラス!

この本には詳しく記されてはいませんが、著者のいわせんさんは、

ライティングワークショップやリーディングワークショップ

プロジェクトアドベンチャーや『学び合い』などなど、さまざまな教育実践を研究され、

さらに、それらをクラスで一つのものとして体現されています。

そこには、数知れない理論の蓄積や深い学びがあります。

 

でも、私たち教師は、そんなにエキスパートになれなくてもいいと教えてくれます。(そんな気がします)

このひとつを大切にするとよいクラスが育つことを教えてくれます。

 

それは「子どもたちを信頼すること」です。

 

信頼が土台となり、自然と実践がいろいろ生まれてくる。

実際、この本は、担任の先生が子どもたちをとことん信頼に信頼を重ねて、一緒につくりあげた学級の説明書。

ですから、ここに書かれている内容は子どもの言葉であり生の声です。

その子どもたちの発する数々の声のバックボーンは

いわせんさんの「子どもたちを信頼する」思いや理念がしみこんでいるのが伝わってきます。

それらがカラフルなイラストとあいまって伝わってくる素敵な仕上がりなんです。

 

 

③ この本を使ってこんな実践をしてみたい!

私は、この本を活用した学級での教育実践をどんどんふやしていきたいと思いました。

たとえば・・・

・学級目標をつくるときのイメージづくりに。

・学級文庫としていつでもおいておき、ペア読書やグループ読書で活用する。

・友だちとのトラブルやけんかした時に読み聞かせ。

・担任の自分が日々の学級経営の振り返りとして

・若手の先生に教科書として。

・道徳の副読本として!?

・掃除指導の心得として読み聞かせ。

・図工の色塗りで(表紙のカバーをとるとぬりえとなる)

・子どもたちに超えるべきハードルとしてこの本を提示。

 

でもやっぱり一番は、子どもたちの『理想のクラスイメージづくり』へ大きく貢献するはずです。

今まではどうしても、教師からの一方的な価値観で学級経営が運営されがち。

それを、子どもたちと同じ目線に立って、一緒にクラスをそだて上げていく、そんな素敵な実践に取り掛かれそうです。

 

 

子どもが読める本。

そして、教師が読んでも奥が深い本。

買って損はなしです。

今年最高の1冊になりました。(ちょっと、早いけど・・・)

あぁ、もっとこの本にはやく出会っていたらなぁ。

 

そうそう、こちらもチョーおすすめですよ。

私はこの本を読んで、「この著者に実際に会って話がしたい!」と思い、会えちゃったきっかけをくれた本です。








書くことを好きになるすてきな実践です。KAIの写真が迫力ありすぎでした。



この本は、毎週クラスづくりに活用させてもらっています。
エンカウンターと違って、振り返りの視点が「集団の中の私のかかわり」にあるのでクラスづくりにもってこいです。
256冊目!「最高のクラスのつくりかた」★★★★★…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 学級経営 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

255冊目! 「ニッポンには対話がない」★★★★☆



MM ニッポンに対話がない

オススメ度:★★★★☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:対話の文化を育てよう!

 

しばらくぶりでした。

私にとって、とっても「つながり」の深かった1ヶ月でした。

さて、読書のほうもこつこつ進めていきます。

 

日本の教育はヨーロッパ諸国に学ぶことがたくさんアルトオモイマス!

今回の本は、フィンランド(もうちょっと古いかも?)研究家の方との対談をまとめたものです。

最近知ったのですが、フィンランドの子どもたちはあんまり学校が好きではないらしい。

勉強ができることと学校が好きってことは別らしい。

 

この本を読んで一番伝わってきたこと、それは

「日本の教育に対話する文化をしっかり根付かせよう」でした。

 

対話は話し合いや議論とは、ちょっとちがいます。

対話はお互いに主張し、でも、歩み寄る精神のようなもの。

だから、『自分の価値観を持って、自分で判断することと同じに、考え、妥協点をみつけていくプロセス』なんですね。

 

そして、対話に参加する人たちが心置きなく話し合えるには、

『どんな人でも言いやすい場をつくり、経験にものを言わせるような会議から変わっていくこと』です。

『その対話を通して、対立するからこそ、本当の優しさが生まれる。』

それを子どもたちに、経験してほしい。

 

また、『価値観ばらばらの世界では、SYMPATHY(相手の気持ちに同情すること)→EMPATHY(自分の立場から相手の気持ちを想像すること)が必要である。』

これは、カウンセリングの共感と同情の違いと似ていると思いました。

共感的理解は、カウンセラーの立場を持ちながらも方向性を持って、話をする、対話する。

 

対話は、『決して、勝ち負けではないので、考え、関わり続けるので「精神体力」が必要』。

国際理解、国際化する世の中には必要な「対話」、こういう文化が根付いたら

戦争やテロなどなくなっていくのにな。

クラスでも育てていきたいものです。

 

最後に思ったこと

対話は、甘く遠慮する思いやりが全てじゃない、厳しく対話する姿勢も大切だ。

市民参加の民主主義な世の中を目指して、対話を大切にする文化をクラスでも学校でも育てていきたいです。

 

色々考えさせられた、1冊でした。


別窓 | 学級経営 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。