とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ブログのラマダン(断食)

ようやく夏休みが始まります。
2段目学問の旅「アウシビッツ収容所見学、ヨーロッパの旅」に行ってきます。
「戦争とわたし」をテーマに生きる意味についてじっくりと考えてきます。

ということで、しばらくブログは断食です。
では、皆さんよい夏休みを。
スポンサーサイト
別窓 | 学習方法 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

204冊目! 「竹中式マトリクス学習法」★★★☆☆



mm マトリクス学習法


オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★★
TODOリスト:英語学習始めようかな・・・。

竹中元大臣の勉強法本です。
さすが、正解に引き抜かれ日本のトップで活躍したかたの学習法。
理論がしっかりしていました。

数ある勉強法のエッセンスを竹中さんが体現し、その経験をまとめている形式のため
具体例が豊富で分かりやすい。
目標設定やイメージトレーニング、記憶法、発想法など十二分に活用しています。

今でこそ、時間を上手に使った学習方法は情報がたくさんありますが
学生の頃、このような話をレクチャーしてほしかったなぁ、という願いがあります。
だからこそ、今、新しい学習を始めようか迷っています。
それは英語です。
うーん。
今年は習字も始めたからなぁ。
でも、英語がもっと身近になると情報量が断然増えるんだろうなぁ。
ちょっと迷いながら読んだ本でした。

別窓 | 学習方法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

203冊目! 「サーバントリーダーシップ」★★★☆☆




mm サーバントリーダーシップ



オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★★☆ 読みやすさ:★★☆☆☆
TODOリスト:自分が扱ってほしいように、相手に関わろう!

修道院に修行に来た主人公と、メンターとの講義形式の物語調で
キリスト的リーダーシップについて語られている本でした。

一般的なリーダーはヒエラルキーのトップに存在し、上ばかり見ている。
しかし、サーバントリーダーは逆三角形の一番下に位置し、部下を始め顧客すべてを見上げる形で
リーダーシップを発揮している。
これは、権力で人を従えようとせずに、リーダーの権威をもって、組織を治める手法です。
つまり、リーダーは周りの人のために、サーバント(奉仕)することが一番の大切なこと。
そのために、今まで持っていたパラダイムを転換し、人間性を高めていくための心構えとは
どんなものなのかを、対話形式でまとめています。

私の好きな、「夜と霧」のフランクルや「合いと心理療法」のスコット、「七つの習慣」のコービィ
身近なわかりやすい例としてたくさん移用されているので、親しみを感じました。

この話を学級に当てはめてみると
担任は、子どもたちのために、人格を磨き、思いやる関心を持ったサーバントリーダーとなるべき。
やや、説教くさいところがぬけない感じもありましたが、サーバントリーダーシップについて学ぶには
わかりやすかった本でした。

別窓 | 学習方法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

202冊目! 「ソーシャルスキル教育で子どもが変わる 小学校」★★★★★


MM ソーシャルスキル教育


オススメ度:★★★★☆ もう一度読みたい度:★★★★★ 読みやすさ:★★★★★
TODOリスト:課題解決シートの導入!

ソーシャルスキルトレーニングを学級に導入するなら、まずこの本1冊でよし!と呼べるほど
よいできの本だと思います。
学習のプロセス理論もしっかりとあり、(導入→モデリング→やってみる→フィードバック)子どもにとって
とてもわかりやすいものになると思います。

現在の生活環境では、自然と社会性を身につけることができにくくなっています。
だからこそ、先手必勝で、この社会性に必要なスキルを学ぼうじゃないか、それによって、
学級不適応のいじめ、不登校などをなくし、イキイキした学級にしよう、そんな願いがこの本から感じられます。

さて、私なりの考えです。
ソーシャルスキルでは学級はつくれません。
学級は目的集団です。
クラスが一致団結して、同じ目標めざして協力し、葛藤し、磨き合って、ともに成長していくもの。
ソーシャルスキルトレーニングはこのプロセスの潤滑油にはなりますが
学級をまとめ集団の結束力を補うものには弱い感じがします。
スキルが単発過ぎるので、チーム作りには向いてないと思いました。
では、チーム作りにはどうするのか?
それは、たくさんありますね。
学校行事を通して目標設定し、団結力を高めながらクラスを作る。
教科指導を通して、仲間集団のよさを生かしながら学んでいく。
このスタイルは、筑波の算数や『学び合い』などが参考になるかと思います。
心理的アプローチでは、エンカウンターで集団に目を向けたシェアリングの実践
プロジェクトアドベンチャーによる集団形成プロセスをふんだ共同体感覚づくり。
どれもクラスに導入しています。

しかし、これらの取り組みを十分にまわしていくには
やはり「ソーシャルスキルトレーニング」は必要です。
ソーシャルスキルトレーニングは12個のスキルにすでに分類され
誰でもいつでもどんな学級においても使えるような状態になっていることがすばらしいと思います。
また、効果的に人間関係の成功体験を重ねることができ
学ぶことの系統性もとれている面はすぐに学級経営に生かせるものです。
実際、心理療法の現場でも、行動療法としてこのソーシャルスキルトレーニングは治療的に
十二分に活用されていますし。

気をつけたいのは、学びがあまりスキルフルになってしまわずに、子どもが本来持つ自然な力や
自分らしさを生かしたモデルを作り上げられるように支援することだと思います。
その人らしさ、自分らしさって、スキル学習だけではけっしてでないものだから。
スキルが血となり肉となり、自分らしく使えるようになるまで、支援、指導は必要ですね。

やはり学級づくりの目的をしっかりともって取り組まないと、ただのバンソーコー的な使用となってしまう危険があり、ソーシャルスキルの本来もつ力を生かし切れません。
自分の教育理念と見比べながら、取り入れていきたいものです。

別窓 | 教育心理 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

201冊目! 「自己主張トレーニング」★★★★☆



MM 自己主張訓練

オススメ度:★★★★☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★☆☆
TODOリスト:勉強会資料にさっそく活用!肉付け!

8月23日(日)に仲間内で勉強会をします。
4時間をもらい、アサーショントレーニング(自己表現訓練)、ブリーフセラピーについてお話させてもらいます。
私自身、アサーショントレーニングに出会ったのが、今から、8年前の相談室勤務の時。
コミュニケーションの言語的側面から切り込む斬新な手法に魅了されました。
さっそく、日本に導入された平木典子先生の講演会を聞きに行ったり、
日精研で本家本元のアサーショントレーニングの研修をまるまる2日受けてきました。
子どもたちとも一緒に、学び、前任校でも学校研究でアサーショントレーニングの単元化をしました。
ここしばらく、アサーションと縁が無かったのですが、「かあちゃん★読書会」などで触れることが多く、
今年の夏は自己表現について勉強してみようと、コレにテーマを絞りました。

それに向けての資料さがしで読んでみました。
やっぱり、アサーションについての原本「your perfect right」を訳しただけあってとても参考になりました。
特に、怒りのアサーションについては、新しい発見や学び直しの部分がたくさんありました。

今は、このアサーショントレーニングについてはとてもわかりやすい本がでているので、そちらのほうをまず先にオススメしますます。
ですが、発展編でこちらも読んでおくと、人権意識や男女差別からくるアサーションのルーツなど理解が深まると思います。

確かに、これを学習することで、葛藤場面において、怒りに巻き込まれにくくなくなりました。
スキルを学習することって、大人にとっても大切ですね。
もちろん、子どもにとってもですね。
2学期に、アサーショントレーニングをクラスでも実践する予定です。
うまくいけるように、今から準備です。

別窓 | 教育心理 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

祝200冊!「100~200冊のベスト10」

途中、苦しい時期もありましたが、なんとかここまでこれました。
応援してくださった方々、とても感謝しております。
さて、この100冊台のオススメベスト10を選んでみました。
本選びの参考にしてくださいね。

【ベスト1】144冊目! 「人生生涯小僧のこころ」 ★★★★★ (2009/02/09 | 人生に影響を与えた本
この本に出会えたからこそ、人間の持つすごさをしりました。



【ベスト2】177冊目! 「解決志向ブリーフセラピー」★★★★★ (2009/05/31 | 教育理念)
未来志向ってとても元気になれます!これでトラブルどんどん解決!



【ベスト3】101冊目! 続き「受動から能動へ(Ⅰ受動から能動へ)」 ★★★★★
学級で教えること、全員で学んでいく意味をこの本から深く学べます!



【ベスト4】148冊目! 「座りなさい!」を言わない授業―落ち着きのない子、大歓迎!」 ★★★★★ (2009/02/24 | 学級経営)
子どもたちの持つ力を十二分に生かし切って授業をつくる、『学び合い』を知りました!



【ベスト5】131冊目! 「さあ、才能に目覚めよう」 ★★★★★ (2008/12/10 | 学級経営
自分の強みを知ることで、さらなる自信を持って自分のビジョンにむかえるようになりました!



【ベスト6】100冊目! 「あなたも今までの10倍速く本が読める」 ★★★★★ (2008/08/06 | 人生に影響を与えた本
やっぱり、この本すごい。特にダイレクトラーニングのあたりはすごい可能性を秘めている学習法です



【ベスト7】123冊目! 「モリー先生との火曜日」 ★★★★★ (2008/10/24 | 教育理念
メンターを持つことの大切さ、そして、人生哲学を持つこと、先生ってすてきな職業です。



【ベスト8】175冊目! 「マインドマップ超入門」★★★★☆ (2009/05/27 | 学習方法)
マインドマップの初心者には、まず絶対これから勧めます!



【ベスト9】169冊目! 「ビジョナリーカンパニー」 ★★★★★ (2009/04/07 | 教育理念
理念を持つこと、リーダーシップとマネージメントの重要性がわかります!



【ベスト10】111冊目! 「脳の右側で描け」 ★★★★☆ (2008/08/24 | 教科指導
教師は、絵が上手でないと。右脳を使った描写方法で驚くほど絵に変化が!



次の300冊!どんな本とであるのでしょうか?
300冊読み切っている自分のコメント、今から楽しみです。

別窓 | ブックリスト | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

200冊目! 「赤めだか」★★★★☆




MM 赤めだか


オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★★☆ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:弟子にあこがれるような存在の先生!

おもしろい!
立川談志の弟子立川談春の弟子時代のエッセイですが、これがまた秀逸。
さらっと読むつもりが、じっくりと読みふけってしまいました。
弟子の矛盾に耐えても、師匠にあこがれていく姿。
物語の節々に流れる人間味あふれる人情。
立川談志のカリスマ性とその恐ろしさ。
それでも教える姿勢の優しさ。
その師弟関係には深く学ぶものがありました。

子どもたちにとって、あこがれれの存在、こんな先生大好き!
だからこそ、子どもたちは厳しさに耐えられるのかもしれません。
その師弟関係、信頼関係、教師として己を磨く、原動力となります。

談春さんのエピソードごとの心情描写、談志師匠の迫力と言葉の重み
特に最後の「真打ち」になる祝賀会の下りは、目頭が熱くなりました。

久々にじっくりと読み込んでしまった本でした。
昨年度、賞も受賞され、注目していただけに、とても満足でした。

別窓 | 教育理念 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

199冊目! 「頭の取扱説明書」★★☆☆☆



MM 脳の取扱説明書


オススメ度:★★☆☆☆ もう一度読みたい度:★★☆☆☆ 読みやすさ:★★★★★
TODOリスト:マインドマップを教育活動に広げていこう!

マインドマップ関連の本です。
これは、今ほどマインドマップがはやっておらず、まだマイナーの頃に出版された本。
ですから、遊び心はあるものの、まだまだ堅い感じの好奇心くすぐるようなつくりではありませんでした。
マインドマップは手短に復習したい人には、いいかもしれません。
が・・・、すでに最近「マインドマップ超入門」というとても優れた本がでてしまっているので、
残念ながらこちらはすすめられません・・・。
中古で見つけて取り寄せたのですが、ちょっと残念でした。

ちまたにはたくさん出回っているマインドマップ関係の本、どの本をよむべきか?
マインドマップの描き方の基本をマスターすれば、つぎに、その応用編。
つまり、日常にどう生かすかは自分の工夫しだいです。
その、工夫の方向性や場面によって近い内容の本を手に取ることをお薦めします。
マインドマップの日常にどう生かすか、についての本はたくさんでていますので。

私は、次の3冊あれば、OKかな?と思います。
やっぱりこれが一番!


基本に戻って、コレもよし!


さらに、プロのマインドマップを知るにはこれが一押し!



PCでマップを使うなら、使い勝手では断然こちらです!


別窓 | 学習方法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

198冊目! 「こうすれば組織は変えられる」★★★☆☆


MM こうすれば組織は変えられる!


オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★☆☆
TODOリスト:グット&ニューを取り入れよう!

組織を変える10のステップ
これは、加速学習を十分に活用しているので、楽しく取り組めそうです。

①組織の持つ文化レベルを評価する。
②ポジティブな風土をつくる。
③考えることをよしとする文化にする。
④リスクをとることを恐れない。
⑤お互いの資源〈リソース〉を生かし合う。
⑥学習のパワーを知る。
⑦ビジョンを持つ。
⑧ビジョンを生かす。
⑨システムをつなぐ
⑩ショーを始めよう!

どのステップにおいても、簡単なアクティビティーが紹介されています。
おすすめはやっぱりグッド&ニューですね。
これには、日常にある嫌なことや不満なことに別の角度から見る「リフレーミング」の手法が使われます。

これは、ビジネス社会において取り組むステップですが
学校現場に落とし込むには、「エブリデイジーニアス」がおすすめです。
このステップを子どもたちの教育へどのように応用するのかわかりやすくまとめています。
あらためて、著者のピータークラインさんのすごさが伝わってきます。
こちらも同じ著者です。

42冊目! 「エブリデイジーニアス」 ★★★★☆
http://togetogeteacher.blog70.fc2.com/?q=%A5%B8%A1%BC%A5%CB%A5%A2%A5%B9

別窓 | 学級経営 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

197冊目! 「カウンセリングと精神分析」★★★★☆

カウンセリングと精神分析カウンセリングと精神分析
(1982/01)
國分 康孝

商品詳細を見る


MM 精神分析的とカウンセリング


オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★★☆ 読みやすさ:★★★☆☆
TODOリスト:日常の行動や感情パターンから自己分析をしてみよう!

私は子どもの頃とても手がかかった子だと思いますし、両親もそれに納得しています(笑)。
子どもの頃、スカートめくりしてよく先生型に怒られたりしていました。
でもそれは、「見てみたい!」というスペクタキュラコンプレックスが起因し、発達段階「男根期」にある、私の持つ「知的探求心」(笑)だったのだと分かり、なんだかスッキリしました。

さて、今日の本は、精神分析についての本です。
少し精神分析的に自分を振り返ってみました。

自分のこの「感情」や「パターン」はどこからくるのだろうか?
それがわかると、手の打ちようもあります。

冷静に自分の感情や行動パターンに目を向けることで、よりよい対処ができると私は考えています。
でも、精神分析は使いこなすまで、とても鍛錬が必要だと思います。
それは、人間的な深さ、人生経験からくる人を見る洞察力など、その人格が醸成されてるからこそ、
カウンセラーの分析に説得力が出てくるかと思います。
そういった意味では、学校現場向きではあまり無いでしょう。
即戦力となる対処法がのぞまれますからね。
しかし、自分のルーツを知ることは、自己理解につながり、自制、つまり、面接場面での教師自身が持つ感情に冷静に対処できるよさもあると思います。
簡単に言うと、「われを知る」ツールとして、今の私には使えそうだと思ったからです。

この本は、国分先生が精神分析について基本的なことをまとめています。
性格が形成される4つの性格論はまさに精神分析の真骨頂でしょう。

簡単にまとめると以下の4つを軸に面接をすることです。
①発達には、「出産」「口唇期」「肛門期」「男根期」「潜在期」「性器期」がある。
②自分の持つ不適切な「防衛機制」にきづきましょう。
抑圧・昇華・合理化・置き換え・感情転移・同一化・摂取・知性化・退行・逃避・投影
反動形成・補償・道化・従順・離人・儀式化・否認・禁欲・打ち消し
 学生の頃、どこかで学んだ記憶がありますよね。
③エス(本能)とエゴ(現実)とスーパーエゴ(良心)のバランス
④コンプレックスに気づく。
エディプスコンプレックス・カインコンプレックス・ダイアナコンプレックス
スペクタキュラコンプレックス・ナーシシズム・劣等コンプレックス

人が持つ悩みや問題行動は、この①発達段階のどの部分で定着しているかによります。
過剰は愛情や気迫な愛情体験などにより、次の発達段階に進めないことがあるからです。

精神分析の治療過程の目標には「無意識を意識化」することがあげられます。
つまり、発達段階のどの部分で定着しているのか?
性格構造の3部分のバランスはどうだろうか?
防衛機制のうまい使い方はできているのだろうか?
これらに目を向け、行動パターンに気づき、その行動の持つ意味や原因を洞察していくのです。

私はこのプロセスは、治療関係だけでなくとも、自己分析する際、とても有効だと感じています。
普段何気なく繰り返してしまう行動習慣はどこからくるのか、
その原因がわかり、無意識行動の意識化することで、行動対処も質の高いものがたてられるからです。
つまり、毎日つけている日誌の精度が向上するからです。


子どもの頃を振り返ってみると、私は姉とはよくけんかをしていました。
でもそれもカインコンプレックスからくるもので、親の愛情の奪いだったのだとわかると、姉も人の子だなぁと身近に感じ親しみがわくものです。

よくおねしょをしていた私は親の厳しいしつけだったのかなぁ?とちょっと親ときいてみたくもなります。
まぁ、いうことをぜんぜん聞かない子どもだったんだと、言い分もあると思いますが・・・。
自分の生育歴について、あらためて母とじっくり語ってみたいものです。
新しい自分や、自分のこだわりのルーツなども見えてくるかと思います。

まとめると、精神分析は、原因論なので、そこにたどりつくまでとても時間や熟練が必要ですが、
人とかかわる仕事をするならば、交流分析を長い時間をかけて、少しずつ勉強していくのもおもしろいものですね。

別窓 | 教育心理 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。