とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

第18回研修報告「市内の体育研究発表に参加して」

第18回研修報告「市内の体育研究発表に参加して」
TODOリスト:学校全体に体育科教育の方向性を打ち出していく授業実践を公開する!

勤務市内の体育研究授業を観てきました。
6年体育「マット運動~跳び前転~」です。

単元計画は、基本的なな「めあて学習」の流し方で
「これといって真新しいものはないなぁ」と感じていました。
それもそのはず、学校全体で全職員が取り組めるための授業研究とのことでした。
体育主任が実践していく、ちょっとマニアックな研究授業とはちがう趣旨の授業でした。

指導者の先生からは、「この単元の流し方にはこれでまた、意味がある」
とおっしゃっていました。
しかし、私には違和感がありました。
授業のスタンダードな流し方、それでは校内の先生方そして、見に来ていただいた先生方に失礼だと思ったからです。
簡単な、誰にでもできる、スタンダードな体育授業。
これにどんな「魅力」を感じて、今後も実践しようと思うのでしょうか。
はやり、学校研究は新しいものを提案する形でどんどんたたき台を出していくものだと思います。
授業をテクニックや技術のみで観ているからこのような発想になるのではないでしょうか。

だれにでもできる最低限基本的な授業、これ自体定着していない教師っていったいどんな自己研鑽をしてきたのだろうか。
今の時代、ちょっとネットでググったり、本をアマゾンで取り寄せればいくらでも技能や基本は学べるはずです。
教師自体に、授業への熱意や情熱、「心」が立っていなければどんなにスタンダードな型を提案したところで
今後につながるのでしょうか。つながったとしてもわずかな技能指導だけではないでしょうか。

学校研究として取り組むならば、周りをモチベートしていく先駆的な授業を同職員に提案していく方法がよいと考えます。
その中には、授業の基本的なエッセンス、教材の見方、場の工夫、教師の指導言・立ち位置などがつまっているはずです。
そして、それまでにまず、「心作り」
自分の課題を把握し、目標を持って、子どもの成長をイメージしていく。
なにごとも、技術に走る前に、「心」をしっかりとたてておいてから取り組む、志を立てながら望んでいく。
そんな姿勢が大人、教師には必要ではないでしょうか。

最後にこの本時の授業からの気づきをまとめます。
①男女協力していた。(馬跳びも男女でやると良い、体づくり運動の観点から)
②教師の口調が穏やかで優しかった(だが、もっと激しさもあってよし、リズム・起伏が大切)
③場の作りで子どもに恐怖心を取り除く道具の工夫がしてあった。
④運動量が多かった(器械運動なので、量よりも質を上げたほうがよいだろうが)
⑤「めあて①」と「めあて②」の分かりやすい一時間の流し方だった。
⑥学習規律の徹底が甘い。(返事、あいさつ、移動、集合解散にだらけがあった、けがにつながる)
⑦教師の言葉かけが矯正的なものが多く、具体的肯定的な言葉かけが少なかった。(私自身反省)
⑧演示は全児童を集めて見せずに、課題に応じて必要な児童に見せると良かった。
⑨教師が技のポイントを説明しすぎ。子どもにもう少し考えさせる授業でも良かった。
⑩「ウサギ跳び」「ゆりかご」「カエル倒立」に場と、子どものつまずきに応じて扱い方の違いがわかった。

研究授業をすることは簡単なことではありません。
しかし、まな板の鯉として、どんどん見せていくからこそ磨かれるもの。
今回、いろんな学びをさせていただきました。
どのような授業でも観ている角度によって、学びはたくさんあるもの。
ありがとうございました。

スポンサーサイト
別窓 | 研修報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

127冊目! 「活用力が育つ算数的活動 2年」 ★★★☆☆

活用力が育つ「算数的活動」 2年 (2) (算数科・授業のすすめ)

著者:全国算数授業研究会
出版社:東洋館出版社
出版日:2008/08 ¥ 1,575

オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆

TODOリスト:かけ算指導のまとめに活用!

 

11月下旬に学校研究の算数について、私のクラスで研究授業を行います。

テーマは「活用力」です。

来年度から全面実施される学習指導要領の改善の目玉「活用する力」

PISAや全国学力テストでの課題を踏まえて、習得、活用、探求の学習プロセスが強調されています。

この活用する力をいかに、授業で実践していくかを提案します。

ICTの活用として、導入でPC映像も取り入れながら、

子どもたちが「やりたい!」という気持ちを喚起させる授業構成にしたいものです。

 

夏の研修に始まり、算数1年生の私としては算数の授業の深さに驚くことと

日々の授業実践の中で子どもたちがみるみる変わっていく様子がおもしろく

算数授業では「おもしろいねぇ」「うん、おもしろい」などと子どもたちとうねっています。

 

さて、この本ですが活用力についてサラッと述べているので

分かりやすくまとまっていると思いました。

文科省からでている文書は少し難解で・・・。

読解に苦慮する文体であるため、このようなテキストを読みながら

指導揚力改編の趣旨を読み取っていければと思います。

 

活用力とはずばり「既習事項の活用」です。

今まで習ったことを使って、新しい課題へ挑戦していく算数授業。

算数は、系統性の強い教科特性を特に持っているため、「習ったことをいかに使えるか」が

これから子どもたちに付けたい力となります。

 

このテキストでは、活用力に関わる授業実践が豊富にまとまっています。

かけ算だけでなく、算数の4領域に渡ってまんべんなく編集されています。

どれも子どもたちがわくわくと食いついてきそうなものばかりです。

子どもの様子も載っているので、場面が生き生きと想像されます。

 

やはり教師は教材研究に支えられて初めて、良い授業ができます。

教科書や指導書のみならず、自分なりに足を運んでの研修や教育本からの情報、

様々な面から研究を進めて、初めて子どもにとって良い授業ができると感じています。

勉強すればするほど、「授業」とはそこの深い世界だと思います。

 



MM 活用力
別窓 | 教科指導 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

126冊目「親業」★★★☆☆

著者:トマス・ゴードン近藤 千恵
出版社:サイマル出版会
出版日:1980/12 ¥ 1,680

オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★☆☆

TODOリスト:人の話をしっかり聴く

 

いまではもう古典となりつつある「親業」の本。

親の子どもに関わりは技術であり、練習が必要であり、だからこそ親は変われるといいます。

 

親業を一言で言うと、「子供の言うように話を聴いてあげよう」

そして、「批判的な言い方でなく、親自身の自分の気持ちを話そう」です。

カウンセリングでいう「傾聴」、「共感的理解」、

アサーションでいう「アイメッセージ(私は~)」を使います。

 

親としてだけでなく、コミュニケーションの勉強としても十分学べそうな本でした。

ちょっと古い本ですが、今でいうと「親力」でしょうか。

 

MM 親業
別窓 | 学習方法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

125冊目! 「絶対記憶メソッド」 ★★★☆☆

[図解]「絶対記憶」メソッド

著者:アクティブ・ブレイン研究会
出版社:PHP研究所
出版日:2006/12/12 ¥ 1,050


オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆

TODOリスト:記憶を使うときは、大げさにイメージして。

 

「ものをスラスラ覚えられたらいいな。」

そんな風に思ったことはありませんか。

知り合いの先生からの薦めもありこの本を手にしました。

 

記憶にはコツがありました。

この本で主に扱っているのは、イメージ連結法です。

記憶するAとBとをぶつけてみたり、強烈にインパクトをつけて映像としてイメージし記憶する方法です。

こつは17ほどあり、マインドマップでもまとめていますので、そちらを参照ください。

いかに強調できるかが脳にしっかり定着させる味噌ではないでしょうか。

 MM 記憶術



125冊目! 「絶対記憶メソッド」 ★★★☆☆ …の続きを読む
別窓 | 学習方法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

第17回研修報告「算数授業研究第24回公開講座~低学年の算数授業ここが大切~」

17回研修報告「算数授業研究第24回公開講座~低学年の算数授業ここが大切~」

TODOリスト:算数授業で、子どものものとなる課題設定し、子どもに見せたい新しい算数の景色を押さえる。

 

今日は筑波大付属小の授業研究会に行ってきました。

1年生の「3口の足し算」授業と2年生の「かけ算」授業を見てきました。

2年生の授業者は夏坂先生です。

夏坂先生の授業は初めてのためとても楽しみにしておりました。

子どもを上手に舵取りする夏坂先生の指導力にあこがれを感じました。

 

子どもの意見を引き出すだけでなく、上手に交通整理して言わせすぎず、また個人発表させすぎず

全体的に子どもがいきいきと参加していた授業でした。

さらに、教材への眼力が深く、新しい挑戦をし、アレイ図の並びを帰納的に見て、

かけ算を探させる授業展開を組んでいました。

さすが深い研究に裏打ちされた授業のため、子どもの意見に振り回されることなく

授業者としての主張をしっかりと打ち出していました。

 

私は、最近授業を二つの軸で見ています。

子ども主体となっているかそれとも受け身となっているかの軸。

教材自体への深い研究がなされているか、それとも浅いのかの軸

XY軸のマトリックスとして、自分の授業、周りの授業を観察するだけでもかなり勉強になっています。

 

やはり休日にも全国から先生方が集まっていました。

教師は時間がない、忙しい、だから勉強ができないと嘆くのではなくて

仕事の無い日にこそうまく時間をやりくりし、自己投資していくそんな教師でありたいと思います。

 

今、学ばねばいつやるのか?

今、やらなければいつできるのか?

子どもたちにいつも言って聞かせています。

まずは自分が範を示さなければですね。

 

MM 全国算数研究会 10月


別窓 | 研修報告 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

124冊目! 「本気の教育でなければ子どもは変わらない」 ★★★★★

本気の教育でなければ子どもは変わらない (シリーズ教育を考える)

著者:原田 隆史
出版社:旺文社
出版日:2003/10 ¥ 1,680


オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★★★ 読みやすさ:★★★☆☆

TODOリスト:本気、ど根性、心強くやりきる教師!

 

塾生の間では、この「本気本」か「常勝教育」かわかれます。

私個人としては、こちらのほうがエッセイっぽくて好きですが

常勝教育のほうは理論がよくまとまっていてそちらも好きです。

 

原田先生の日本一作りのストーリー。

荒れた学校を建て直し、陸上日本一。

その中に超強力な教育実践があります。

しかし、それはただの技能だけでなく、教師としての理念に支えられています。

スポーツ指導者としてはぜひ、一読しておきたい。

 

先日、塾生との飲み会で、「やっぱり『チキンガーリックステーキ』の章でしょう」

とわきあいあいと語り合いっていました。

私個人は、「逃げても同じやで!自分を変えた母の一言」がびびっときます。

教育の夢、ロマンが走り出す、そんな思いを持たせてくれる本です。

 

MM 本気の教育


別窓 | 教育理念 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

123冊目! 「モリー先生との火曜日」 ★★★★★

モリー先生との火曜日

著者:ミッチ アルボム
出版社:日本放送出版協会
出版日:1998/09 ¥ 1,680



オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★★☆ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:死を学べば、生きることを学ぶ。愛を持って生きていきたい。

みなさんは、人生の中でメンターと呼べる人はいるでしょうか。
この本は、著者のミッチが人生の指針に迷ったとき、悩みがあるとき、岐路に立つとき
様々な場面で自分を支えてくれた、大切なことを気付かせてくれた
そんなモリー先生との話です。

ALS(筋肉が収縮していく難病)にかかり死に臨むモリー先生は、少しずつ死を受け入れながら
自分の人生観について大切なことをミッチに教えてくれます。
テーマは「死、家族、感情、文化、老い、お金、愛、結婚、許し」などなど。

ベット際で優しく語りかけてくれるモリー先生の人間味あふれる、ユーモアたっぷりの話しは
死を間近にした人の深い哲学が感じられました。
愛を持って生きていくことは、とても幸せなこと。
死はそこで終わってしまうが、愛はつながり続いていく。
人は死を考えることから、いかに生きることを深く学べるか、とても感銘を受ける本でした。
最後のモリー先生との別れのシーンは、胸が熱くなってしまいました。

今日、死んでしまうとしたら、いったい何をするでしょうか?
モリー先生は、いつものように穏やかにすごし、愛を家族にふりまくそうです。
死生観をもつこと、生きる上でも大切なのですね。

MM モリー先生
別窓 | 教育理念 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

122冊目! 「Dカーネギー・話し方入門」 ★★★★☆

話し方入門 新装版

著者:D. カーネギーDale Carnegie
出版社:創元社
出版日:2000/09 ¥ 1,575

オススメ度:★★★★☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆

TODOリスト:話す準備を怠るな。

 

教師は話しが長いと言われます。

自分でも無駄に長いなぁと感じるとき、この本をお薦めします。

さすが不朽の名作シリーズで、講演で話すコツがばっちりとまとめられています。

まずはどんなテクニックよりも、準備を怠らないことが何よりも大事ですね。

話しをさらに上手にしたい人は、この一冊で大きな改善が図られるはずです。

心にのこったフレーズは「たとえ話を上手に活用する」です。

相手にわかりやすい話ができる人ほど、分かりやすい身近な例を紹介できる人です。

子どもに応じた具体例をたくさん引き出しにしたいものです。


MM 話し方



別窓 | 授業技術 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

121冊目! 「スラムダンク勝利学」 ★★★★☆

スラムダンク勝利学

著者:辻 秀一
出版社:集英社インターナショナル
出版日:2000/10 ¥ 1,050

オススメ度:★★★★☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆

TODOリスト:子どもたちにメンタルトレーニングとして語る。

 

 

今、子どもたちとともに大会に向けて取り組んでいることがあります。

指導の場面でどんな言葉をかけたり、どんな指導をするのか悩むことが多々あります。

そこにはスポーツ指導者としての哲学が必要です。

この本は、スラムダンクを通してスポーツに大切なこと

主にメンタル面について分かりやすくまとめられた本です。

 

今まで自分がスポーツ指導をする中でこれを言いたかったことをすっきりと言い当ててくれています。

目標設定や心技体のバランス、セルフイメージ、チームワーク、自信、あきらめ、プラス思考感謝、結果

スラムダンク好きの人だけでなく、スポーツ指導者はぜひ、ご一読ください。

 

「あきらめたらそこでおわりですよ」

安西先生の声が聞こえてくるようです。

 

MM スラムダンク勝利学


別窓 | 教育理念 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

研修報告「第九期東京教師塾 第一回目」を終えて

研修報告「第九期東京教師塾」を終えて

今回の教師塾のテーマ「見えない心を育てる自立型人間の育成」
心って何だろうかを考えさせられました。
心が荒れている学校現場の子どもたち、嘘や偽装で自分のもうけに走ろうとする企業
ここ数年、心の教育が叫ばれ始めました。

以前に一緒に学年を組んだ主任が言っていました。
「どんなスキル学んだって、最後は人間性よ」
まずは、教師たる自分自身の人間性を高めるためにも、心を強くしていかないとと決意しました。

目の前にはたくさんの本や情報があり、やってみればいくらでもうまくいくスキル、技術がいくらでもあります。
でも、結局は自分がやるかやらないかです。
「意志の力」ですね。
粘り強さです。
自分の弱さに負けてしまい、無意識の失敗の習慣を身につけて悪循環にはまってしまう。
これは怖いですね。ここから気づいて成長していかないと。
立派な志ある先生たちは、休みの日にこそ、自己投資してますからね。
まだまだ学びたいものです。

久し振りの教師塾で顔を合わせた人たちがたくさんいました。
教員採用試験に合格したとの報告を受け嬉しくもありました。
また、新しい同士たちと朝の始発まで語り明かすこと。
まだまだ教育界は廃れていないと感じています。

さて、今期の自分の目標は11月の綱引き大会優勝です。
それを通して子どもたちに感動、感謝、礼儀、チームワークを学んでほしいのです。
今、それが指導できる立場にあってとても幸せ者です。
残り三週間、みっちり子どもたちと鍛えあっていきます。
明日が楽しみです。

MM 教師塾
別窓 | 研修報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

研修報告第4回読書会を終えて

研修報告第4回読書会を終えて

今回の読書会から、本を通して感想や思ったこと
それにまつわる話などじっくり懇談することができました。
読書会らしくなってきたのが嬉しい限りです。

お母さんたちは本当によく勉強しているなぁと思いました。
華麗なマインドマップを見せてもらったり、心に残った文章をメモ書きにしていたり
上手な図書館の利用や自分の得意分野の本紹介など、刺激をたくさんいただきました。
本からの学びや間接的な体験に、自分の経験を重ねて語り合うことによって
より、本に深みが増し、理解が深まる。
そんな好循環を感じました。

読書は本来一人でするものですが、いろんな人とのコミュニケーションツールとしても使えるんですね。
まだまだ、読書会は始まったばかりですが、みなさんで本を共有したり、交換しあう中で
少しずつ家庭教育に貢献できるといいなぁ。と願っています。
今度は一冊の本を読みあいながら語り合えたり、マインドマップを介して本の紹介もできるといいなぁ。
夢がつきません。
別窓 | 研修報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。