とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

242冊目!「国語のできる子どもを育てる」★★★★☆



MM 国語の力


オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:子どもの本を探しに行こう!

先日、工藤先生の取り組みがTVで紹介されていて、とても興味が惹かれ本書を読みました。
これ、とってもいいです。
ただ、受験勉強のために勉強している保護者の方にぜひ、読んでいただきたい。
本当の学力とはなんですか?
受験で出されるような、ハイスピードの条件反射情報処理能力といったうすっぺらな学力ではなく
『思考する力』こそが必要だと著者は教えてくれます。

とくにこの先生の塾での取り組み「書く」「読み」の実践はとても魅了されてしまいました。

①『書くことに習熟するには「書き慣れること」「文章構成」が大事』
 コボちゃんの4コマ漫画を使った「客観的に正確に書く」練習は授業にでも使えそうです。
 また、原稿用紙は起承転結といったように、順序立てて書くにはとても熟達した技術が必要です。
 原稿用紙に書く前に、キーワードを探したり、キーワードから一文を書いたり
その一文から文章構成を組み立てると行った、プロセス・アウトライン原稿用紙は目からウロコでした。
うーん。どうにかマインドマップでこの原稿用紙のフォーマットを生かせないだろうか。
思案中です。

②『読みの5段階』
1段階:おしゃべりと黙読へつなげる段階(話し言葉を豊富に、子どもと一緒に読んで読みの手助けを)
2段階:黙読の自立化段階(月10冊ほどの多読で、読書からの世界づくりを)
3段階:仮想現実の試行錯誤段階(ファンタジーを読み、抽象的思考を深めていく)
4段階:身体覚醒の現実へ帰還段階(読みと書きの一体化)
5段階:現実更新で新共同性構築の段階(不易流行を見つけ、現実生成のプロセスを知り、問題意識をもつ)

読むことと書くことで、思考を深めていくこと、つまり、思考力を育てる
「他の著作も読んで、もっと勉強したいな」っと思えた本でした。

スポンサーサイト
別窓 | 授業技術 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

228冊目! 「上手な説明の仕方」★★★☆☆




MM 上手な説明の仕方

オススメ度:★★★★☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:!説明は準備、しっかり相手意識を持って臨もう!

話し方の「技術」を上げる本です。
今まで読んだ「説明」シリーズの復習として読み、改めて、説明のポイントをいくつも確認できました。

私が思うに、人とのコミュニケーションはじっくりと関わる中でこそ、誤解無く関係を作っていくことができると思っています。
つまり、コミュニケーションは「時間がかかる」ものです。
しかし、その場限りだけの関わりがあったり、相手へじっくりと時間を作ってあげられないことも確かです。
深く関わらなくてはわからないけれども、そこまで時間をかけられないので、その部分を補完する意味でも「技術」はかなり有効かと思います。
学んでおけば、より深くコミュニケーションができることだと思います。
スキルはあって邪魔なものではありませんしね。
そんなことを考えながら、「わかりやすい説明ってコミュニケーションだよなぁ」
と、読ませていただきました。

ひとつ気になったのは、「わかりやすい説明」なのに
相手が「私の説明をどう受け取ったか」について言及されていないことです。
説明は「相手」がいてくれてこそのものだと思います。
説明するときは、「聞いている相手」を忘れないようにしたいものです。

今、ちまたにはいろんな「説明本」があふれています。
自分にしっくり来る本を「繰り返し読む」のがやっぱり良いかと思いました。
私の一番のオススメは、著者藤沢 晃治さんの「わかりやすい~の技術」シリーズです。
これでたくさん勉強させてもらいました。

別窓 | 授業技術 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

172冊目! 「人をひきつける話し方」 ★★★★☆

人をひきつける話し方

著者:秋山 和平
出版社:学事出版
出版日:1998/06 ¥ 1,470

MM 人を惹きつける話し方

オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆

TODOリスト:説得、感銘、志気の場面に応じた、パブリックスピーキングに挑戦!

 

NHKの講座の際、購入してきた本です。

パブリックスピーキングについて、講義と同じような内容であり、とても分かりやすいものでした。

 

内容は、話しの基本編と実践編の二つに分かれています。

やはりパブリックスピーキングで大切なことは、

話しの取捨選択、絞り込んだ内容の厳選、イントネーションと間でした。

 

ユーモアの活用や、たとえ話の活用など、ぜひ身に付けておきたい技術ばかりでした。


別窓 | 授業技術 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

168冊目! 「ことばの伝達力」 ★★★☆☆

先生にこそ磨いてほしい「ことばの伝達力」―教室で役立つ30のヒント

著者:加藤 昌男
出版社:日本放送出版協会
出版日:2009/03 ¥ 1,050

MM ことばの伝達力

オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★★

TODOリスト:話しの組み立てを考えながら伝えよう!

 

NHKの話し方セミナー講師の加藤先生の新刊本を紹介します。

教師ではないけれども、先生方がしっかりと話し方を押さえておく肝がテンポ良くまとめられています。

 

この本を読むことで改めて分かることがありました。

教師自身が言葉のボキャブラリーを持ち、話し方を意識することが、子どもの言語環境を整えることであることを。

 

本の内容はセミナーを受講したからこそすんなりと入ってくるものでありました。

「パラピリプルペレポロ」はぜひ続けていきたい習慣の一つです。

 

私個人としてはあまり堅苦しくならない言葉がけで

子どもと近い距離にいられるよう雰囲気を醸し出していきたいものです。

 

私が思うに、言葉はその人なりが現れてくるものだと思います。

その人がもっている理念に支えられて、言葉が発せられるもの。

どんなに上手な型で話そうとも、話す人の人格が卑しいと、思いは伝わらないだけではなく

大きな誤解をされそうです。

 

子どもにかける言葉一つ、情感たっぷりに一言「すごいねぇ!!!!」とかけてあげたいものです。

これはテクニックでもなんでもなく、その教師自身の持つ心持ちから発せられるもの。

技を磨きながら、心も磨く。

今の私にとても必要なことです。


別窓 | 授業技術 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

165冊目! 「勉強しなさいを言わない授業」 ★★★★☆

「勉強しなさい!」を言わない授業―年間を通して、クラス全員の成績を上げ続けるなんて簡単だ!

著者:西川 純
出版社:東洋館出版社
出版日:2006/11 ¥ 2,310

MM 勉強しなさいを言わない学校

オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★★☆ 読みやすさ:★★★☆☆

TODOリスト:学び合い集団の段階的育て方を意識して活用する!

 

西川先生の「学び合い学習」のシリーズ本です。

教師が主体となって教え込むスタイルから、子ども同士の教え合い、学び合いで、成績が向上し

人とのかかわる力、社会性も伸ばす実践本です。

 

この本を読むことで、学び合い集団の成長段階を意識することができるようになりました。

そして、実際の授業場面のスクリプトはとても臨場感あり

教師のどんな指示で、目標を子どもに落とし込むのか、どのような働きかけが実際

学び合い集団の発達段階で行われているのかが盛りだくさんでした。

 

素直に、おもしろい!これはつかえるぞ!

と思える本でした。


別窓 | 授業技術 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。