とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

144冊目! 「人生生涯小僧のこころ」 ★★★★★

人生生涯小僧のこころ―大峯千日回峰行者が超人的修行の末につかんだ世界

著者:塩沼 亮潤
出版社:致知出版社
出版日:2008/03 ¥ 1,680


オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★★★ 読みやすさ:★★★★★
TODOリスト:日常の同じ事の繰り返しこそ、神様がくれた行だと思い日々精進

MM 人生生涯小僧のこころ


ついに来ました!100冊に一冊あるかないかの大当たりの本!
オススメ度、もう一度読みたい度、読みやすさどれも申し分なく★5つです。
文句なしにオススメできます。

著者は1000日間、往復48kmの大峰山(高低差1300m以上)毎日歩き通す行をなしきった方です。
その著者から語られる、行の深さと生きることの深さ、体験に裏付けられる力強い説得力を持ちます。
なによりも、「辛いときこそ読んで元気になる本」です。

この行は、一度入ると途中でやめることができません。
やめるときは、脇に刺している短刀で腹を切るか、紐で首をくくらねばならないという厳しい掟があります。
しかし、著者はそんな修行を「夢見て」寺の小僧となり、なんと千日回峰行を成し遂げてしまった方なのです。

毎日は「悪いか最悪か」のどちらかしか無く、その辛い修行を筆舌しがたく、胸を打つ場面ばかりです。
膝は悪いのは当たり前、歯の痛みで気を失い、胃の痛みで一歩の歩けずという場面。
ハラハラどきどきの展開です。
こんな辛い場面に出会うからこそ、見えてくる「気づき」にとても、感動させられます。

大雨の中、小さなおにぎりをかみしめているとき、ふと涙があふれ出てきたと言います。
感謝です。
当たり前にご飯が食べられること、一日帰れば寝る場所があること、ほんの当たり前のことに感謝できるようになった。
こんな状況でどうして感謝できるの?と思わず正気を疑ってしまうほどですが
この体験をしたからこそ、しぼりでてくる言葉。
がつんと心を打たれてしまいました。

私自身「感謝」をもって、自分の教育理念としていましたが、自分の浅さに打ちのめされてしまいました。
日常の何気ない繰り返し、その中にこそ意味があり、同じ日の繰り返しなど決してないことを教えてもらいました。
日々の同じように繰り替えされる生活にこそ、深い行があるのかもしれません。
感謝の念を磨くためにも、「今日より明日、明日よりあさって」と主体的に物事に挑戦していきたいと思います。


ここでは紹介しきれない、修行の中からの気づきと教え。
ぜひ、この本を手にとって読んでください。
社会に初めてでていくフレッシュな新人の方、今、辛くてこころが折れそうな方、
そんな方々に読んでいただきたい本です。
ものすごく、エンパワーメントさせられる本です。

最後に、人生で一番大切なことという項目で、こう書いてありました。
「人生で一番大切なことは、足ることを知ることと、人を思いやること」

この本との出会いに感謝。

 
スポンサーサイト
別窓 | 人生に影響を与えた本 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

100冊目! 「あなたも今までの10倍速く本が読める」 ★★★★★

あなたもいままでの10倍速く本が読める

著者:ポール・R・シーリィ
出版社:フォレスト出版
出版日:2001/09/19 ¥ 1,365

この本に出会えたことで今のブログがあり、今の自分があります。

理念思いはとても大切なことを知っています。

しかし、その思いや理念を形にする「スキル」を持っていることも大切なんですね。

私は、この速読のような情報処理能力を身につけたことにより、生活の質が向上しました。

そして、以前ではできなかった読書量をこなし、苦手な文を書くことを継続することができました。

 

フォトリーディングのホールマインドシステム。

これは、全能を使って、生活全ての情報を処理する能力です。

今では、触れる文書全て、潜在意識に画像として1回ダウンロードしてから目を通すようにしています。

本当に脳にインプットされてるのかな?と不思議に思うときは確かにありますが

このステップを踏むことにより、はやり読書のスピードや文書の処理能力がアップすることが事実です。

 

これからは、趣味のバスケットボールにダイレクトラーニング、

教材研究に、シントピックリーディングの活用に挑戦して、自分の脳のOS機能をアップしていきたいです。

 

人は、新しい事への挑戦と、継続によってかわれるものです。

ぜひ、克己勉励、ともに学びに励みましょう!

MM 10倍本


別窓 | 人生に影響を与えた本 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

95冊目! 「ザ・マインドマップ」 ★★★★★

 

ザ・マインドマップ

著者:トニー・ブザンバリー・ブザン
出版社:ダイヤモンド社
出版日:2005/11/03 ¥ 2,310


この本に出会ったことで、自分の今までの思考方法のパラダイムシフトが起こりました。

脳に限界はない!

そう思わせてくれるツールがマインドマップです。

 

従来のノートの取り方はとても整理されていて見やすいのですが

脳の機能をフル活用した物ではありません。

脳を活性化する方法は「放射思考」、つまり、周りへ広がって枝分かれしていく連想的な思考過程です。

このマインドマップは、脳内の思考過程をマップ化することによって、より鮮明に、脳へ刺激を与え

イマジネーションを向上させ、連想、記憶、想像力を教戒していく、最強のツールです。

 

トニーブザンは

「思考を発達させる放射思考はマインドマップというツールであり

脳の力は無限にあり、マインドマップから知性の向上、発見の喜びを知ること」だといいます。

 

本の全体構成は5部構成です。

1 脳のメカニズム   2 脳を解放する準備  3 マインドマップの作り方

4 マインドマップの活用法  5マインドマップを使いこなす方法

特に初めての人は、3の項目を読むだけでも十分効果がある本です。

 mm mindmap 003



95冊目! 「ザ・マインドマップ」 ★★★★★…の続きを読む
別窓 | 人生に影響を与えた本 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

77冊目! 「アサーショントレーニング」 ★★★★★

アサーショントレーニング―さわやかな「自己表現」のために

著者:平木 典子
出版社:日本・精神技術研究所
出版日:1993/10 ¥ 1,575

 

この本はお薦めです。

教師、カウンセラー、医者などの援助職など人と関わる仕事、ストレスの多い仕事にはかかせないものです。

 

アサーションとは、「自分も相手も大切にした自己表現」です。

自分の思いをうまく伝えられずに困ったことはありませんか。

自分の思いを強く伝えてしまって、自己嫌悪したことはありませんか。

この本は、自分の思いを自分らしく伝える自己表現についてわかりやすくまとまっています。

 

私が思うに、アサーションは「言い方」「言い回し」のテクニックではありません。

アサーションは、その人らしい表現の仕方です。

思いを素直に伝え、葛藤場面ではそれを受け止めて、相手を配慮しながらあきらめずに表現を続けていくことだと思います。

ですから、アサーションを学べば学ぶほど、自分らしい個性的な思いやりを持った自己表現ができるようになるのです。

 

人の自己表現を大きく分けると、3つあります。

非主張的(ノンアサーティブ:NA)、自分の気持ちを伝えずに「のびたくん」タイプ

攻撃的(アグレッシブ:AG)、自分の気持ちを伝えすぎてしまう「ジャイアン」タイプ

アサーティブ(A):自分も相手も大切にする「しずかちゃん」タイプ

 

さて、あなたはどれですか?

これは、場所や相手によってかわることがありますね。

この人ならば言えるのに、この人には言えない。

こんな時は、役職などのパワーハラスメントなどがありますね。

 

そもそもこのアサーションはアメリカの黒人人権運動から始まりました。

誰にでも平等に、主張してよい権利を叫んだのです。

そこから始まり、女性の人権運動など、アサーションは人権運動と深くかかわっていきます。

 

では、自信を持って、自己表現する判断基準はなにがあるのでしょうか?



77冊目! 「アサーショントレーニング」 ★★★★★…の続きを読む
別窓 | 人生に影響を与えた本 | コメント:4 | トラックバック:1
∧top | under∨

59冊目! 「先生のためのやさしいブリーフセラピー」 ★★★★★

著者:森 俊夫
出版社:ほんの森出版

ランク:A
オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★★☆ 読みやすさ:★★★★

 

ブリーフ?パンツ?

いいえ、短期という意味です。

短期間に治療をするブリーフセラピー。

教育現場にはとても有効な心理療法です。

 

一言で言うと、原因よりも解決に目を向けた未来志向の心理療法です。

誰も傷つけない解決方法が導き出せます。

 

このブリーフセラピーは、クライエント(患者)からゴールのイメージを引き出します。

解決の構築をするのです。

成功哲学で言う、成功体験の先取り、イメージ化のようなものです。

 

そのゴールのポイントは

1、具体的に取り組めること 

2、大きいゴールより小さいゴール(マイルストーン、スモールステップですね)

3、「~する」といったような肯定文であることです。

 

つい私たち教師は、原因に目が行きがちです。

原因についての話し合いは、必ず誰かを傷つけることになります。

たとえ、原因が分かったとしても、解決策はなかなか困難です。

 

そこで考え方のコペルニクス的転換、シフトチェンジです。

原因思考から、未来志向へ変えるのです。

「あなたは、どうなりたいのですか?」

「よくなったときは、どうなっているのですか?」

「あなたは、何が好きですか?」

「あなたは、何がもうできていますか?」

このような質問によって、未来像を明確にして、ゴールを設定していきます。

 

さらに、失敗しえいる部分よりもうまくいっているわずかな部分(すでに起こっている解決)に目を向けて、

そこを広げていく発想で、「例外探し」をします。

 

また、「外在化」というテクニックにより、問題に名前を付けます。

名前を付けることによって、問題が対象化され、対処法が施せるのです。

心の中の「イタイイタイ虫」といった、「~虫」などが子どもには分かりやすいでしょう。

 

面接で大切なことは、「合わせる」ことです。

いわゆる傾聴です。

相手のスタイルやパターンに、まず、こちらから相手へあわせるのです。

ブリーフセラピーの場合は、むやみに「オウム返し」や「明確化」を使いません。

クライエントが発した言葉のオウム返しにより、その会話自体が、問題化してしまうからです。

問題を作らずに、解決を作っていく姿勢が徹底されています。

ですから、解決に向けた言葉についてはオウム返しや明確化などの技法を有効利用していくのです。

 

面接時のクライエントとの関係性について。

1、ビジタータイプ(本人は問題を感じていないが、周りに薦められて面接に来た人)

2、コンプレイメントタイプ(問題は、他人にありと思って、面接に来た人)

3、カスタマータイプ(問題を自分のものとして何とかしたいと思って、面接に来た人)

 

クライエントとの関係性により、対応が異なってきます。

1、ビジタータイプには、まず来談をねぎらい、話を聞いて返すだけです。

間違っても、問題を持ち出してはいけません。

2、コンプレイメントタイプには、まず来談をねぎらい

つらい中よくがんばって今までこられたことを褒め、「例外探し」をします。

3、カスタマータイプには、やはり来談をねぎらいゴールセッティングをします。

 

具体的な面接の進め方は

1、話を聞きます。

いわゆる「合わせる」ことです。ここで、クライエントとの3つの関係性を査定します。

2、ゴールについて話し合います。

「スケーリング(ものさし)クエスチョン」を使って、どのくらい辛いのかを10の中のいくつぐらいかを聞き出します。

8くらい辛い!というならば、辛さが7のレベルになったときにはどんな感じなのかを話してもらい、

ゴール像を具体的にイメージ構築していきます。

3、解決に向けて話し合います。

ここでは「例外探し」をします。このうまくいっている例外はいかのポイントを押さえておきます。

「うまくいっていることはかえない!」

「一度うまくいったことは続ける!」

「うまくいかなかったことは違うことをやる!」

この3つの方法はとても有効的です。

また、「ミラクルクエスチョン」という「もし明日、朝起きていたら、全てが理想のように解決していたらどうだろうか?」という未来イメージを持たせ、具体的に聞いていき、解決象を持たせるのです。

4、介入します。

例外探しなどの宿題を出しますが、失敗させないためにも、一つだけにしておくとよいでしょう。

これだけで、なぜかうまくいっちゃいます。

 

個人的には、カウンセリングテクニックと成功哲学のイメージ法をうまく融合させたような気がします。

しかし、これは効果絶大です。

子どものケンカやトラブル、保護者との話し合いなどどんな場面でも使え、

子どもや保護者との関係が決して悪くなりません。

だって、そうですよね。原因に目を向けないので、誰も攻めずに苦しむことは無いですから。

 

人は、苦しさを乗り越えて成長する面ももちろんあります。

しかし、成功体験をうまく積んだり、うまくいっていることを広げていくことで、伸びでいくのも事実です。

あなたなら、どちらを選びますか?

「例外探し」「ゴール作り」「スケーリングクエスチョン」など、

ちょっとした場面で使うだけでなぜだか、うまくいっちゃいます。

私は、このブリーフセラピーとても大好きです。


MM 蜆ェ縺励>_convert_20080529002133


別窓 | 人生に影響を与えた本 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。