とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌

教育に生かせる良書を発掘中!フォトリーディングとマインドマップで情報発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

156冊目! 「大前流心理経済学」 ★★★☆☆

大前流心理経済学 貯めるな使え!

著者:大前 研一
出版社:講談社
出版日:2007/11/09 ¥ 1,680

MM 心理経済学

オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★☆☆

TODOリスト:国民の考える力を育てなければ、国が危ない!まずは自分のライフワークバランスを見直そう!

 

「いざというときのため」に、本当にお金をたんまりとっておいた方がいいのでしょうか?

日本人は、自分の財産を使い切らずに「3000万円ほど残して亡くなっていく」そうです。

外国人は、「すべて気持ちよく使い切ってから死ぬ」らしく、ここでは、文化の違いから経済を切り取って論を進めています。

実は、いざというときは死んだときのため

300万円ほどとっておけば葬式など、すべてことがすむそうです。

しかも事前に交渉しておけばさらに安くすむ。

だから、生前に葬式ならぬ、お別れ式をすべし。

うーん。

とても過激です。

 

さらに、「この我々日本人がもっていても金利の低い銀行の肥やしにしている総資産15000兆円を上手に運用すれば

必ず日本経済はよくなる」と言います。

そのためには、まず、集団の心理、銀行に貯めれば安心といった心構えが変わらないといけません。

その説得に、豊富な資料でロジカルに展開される大前氏の辛辣な意見はとても魅力的です。

大前氏の本は、時代をずばり鋭い観点から見定め、改善提案するアイデアに説得力があります。

ここがこの方の魅力の一つだと思います。

 

「大きな政府よりも、フットワークの良い小さな政府をつくりなさい

その政府がテンポ良く政策を進めることが、景気の回復に大きく貢献するはず」

北欧やシンガポールなどのGDPの大成長などは、まさにこれを実践してきたため、大変、説得力がありました。

日本は、官に任せてばかりいるから「自分で考えることをしない」、だから一人一人が考えること!

「少し考えればわかるだろう」と大前氏は何度も言います。

 

考えることで、未来を予測する。

そして、そこに手を打っていく。

実は、これ、教育も同じく、この発想はダイレクトに必要じゃないでしょうか。

 

そもそも私がこのような経済の本に興味を持ったのは、この世の中がどのような人材を欲しているのか、

また、これからの世の中を強く自立して生きていくためにはどのような力を育てる必要があるのか

そのヒントを得ようと、このような分野にも挑戦してみました。

 

考える力を育て、未来を予見し、あらかじめ対策、手を打って臨んでいく。

そんな力を育てる必要が高まっていると感じました。

 

皆さんは、どんなことを考えて、教育していますか?

バランスよく、深く、考えるとは、なかなか難しいものですね。

この本には、考える見方やヒントがたくさんありました。


スポンサーサイト
別窓 | 一般教養 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

152冊目! 「幸せな子」 ★★★☆☆

幸せな子 アウシュビッツを一人で生き抜いた少年

著者:トーマス・バーゲンソール
出版社:朝日新聞出版
出版日:2008/10/21 ¥ 1,890

MM 幸せな子

オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★☆☆

TODOリスト:アウシュビッツ訪問を30代で必ず実行!

 

 

かのようなユダヤ人虐殺の苦境にいる中、なぜ、著者は「幸せな子」と呼べるのでしょうか。

 

『アウシュビッツを一人で生き抜いた少年』とサブタイトルにはあります。

しかし、少年トミーはいろんな人に生かされて、強制収容所から生き抜くことができました。

だからこそ、タイトルに『幸せな子』とあるのだと思いました。

 

この中に出てくる、優しさをもっている大人たち

ナンセンさん、医者のライター先生、人間の持つ「愛情」に触れる経験がこの本からできました。

 

しかし、ドイツナチスの筆舌し難い虐殺にやはり怖さを隠せませんでした。

『死ぬことが日常となり、自分の死へも無関心となる』

『この無関心となるすばらしい感覚』

といったように、人の命、自分が生きることへも無関心となってしまう感覚

そうでないと、生き延びていけない環境

本当に恐ろしいと感じます。

 

この本からは、人間の持つ、「恐ろしさ」だけではなく、「優しさ」に触れることもできました。

ぜひ、この本に合わせて「夜と霧」も読んでほしいです。

私は、このフランクルの人間の見方に強く勇気づけられた経験があります。

暗い気持ちからも、生きるすばらしさを感じることができるはずです。


別窓 | 一般教養 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

118冊目! 「海馬」 ★★★★☆

海馬―脳は疲れない (新潮文庫)

著者:池谷 裕二糸井 重里
出版社:新潮社
出版日:2005/06 ¥ 620

オススメ度:★★★★☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:やる気を出すには、まずやり始めることから

海馬とはなんでしょうか?
記憶を司る脳機能の一つです。
神話ポセイドンがのっている海の馬、またはタツノオトシゴにその形が似ているからこの名前がつけられたと言います。

この本は、茂木先生の本に並んで脳科学についてとても分かりやすい本でした。
脳の働きだけに終わらず、よりよく生きるために「どのように脳を使うか」がよく科学されている本でした。

興味を持ったトピックをいくつか紹介します。
MM 海馬
118冊目! 「海馬」 ★★★★☆…の続きを読む
別窓 | 一般教養 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

116冊目! 「お金と正義(上)」117冊目! 「お金と正義(下)」 ★★★☆☆

お金と正義(上)

著者:神田 昌典
出版社:PHP研究所
出版日:2006/09/20 ¥ 1,365

お金と正義(下)

著者:神田 昌典
出版社:PHP研究所
出版日:2006/09/20 ¥ 1,365

オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆

TODOリスト:たまには、小説も読んでみようまずは江戸川乱歩賞から・・・。

 


ブログを1週間アップしていなかった間、じっくりとこの本を読んでいまいした。

物語は20世紀少年のような設定で、わくわく読めてしまいます。

物語もそうですが、あとがきによせてあった内容が何よりもおもしろかったのでマップにしてみました。

 

シナリオ思考とよばれる、映画のような展開が現実は用意されています。

このシナリオ思考を上手に活用して、未来を予測し心の準備ができると言います。

著者の神田さんは、フォトリーディングやマインドマップなど良書を日本に持ち込んできた人です。

小説も楽しく読めました。

間あいだに、ブレインジムなどのエクササイズも混ぜ込んでちょっとユニークでした。

小説にビジネス社会の機微が隠されている。そんなつくりの本でした。

MM お金と正義


別窓 | 一般教養 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

115冊目! 「スピード読書術」 ★★★☆☆

速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術

著者:宇都出 雅巳
出版社:東洋経済新報社
出版日:2008/06/20 ¥ 1,545


オススメ度:★★★☆☆ もう一度読みたい度:★★★☆☆ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:通勤途中で読書自己講義を行う

久々のアップとなってしまいました。
世の先生方はどんな新学期をお過ごしでしょうか?
合間を縫っての読書はなかなかペースがつかめず、今日に至ってしまいました。
ここに、心を入れ替え、リスタートということで読書法の本を選んでみました。

はやり本の読み方は共通していることがいくつかあります。
私自身これは、大切で活用していることと、
大切だと思ったけれどまだ活用まで至っていない点をまとめてみます。
MM スピード読書
115冊目! 「スピード読書術」 ★★★☆☆…の続きを読む
別窓 | 一般教養 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| とげとげ★先生の教育本フォトリー日誌 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。